FC2ブログ

生きること

さけびくんさけびくんさけびくん


半年以上ぶりにライブに行った。

ゲストで出てきた人。 サックスプレーヤー。 だった人。
数年前に、喉の病気を患い、手術をした。 はっきりと聞いたわけじゃないが、おそらく喉頭がんだと思う。 声と、サックスと引き換えになった様だ。

1年くらい前のライブに、ゲストで来た。 確かその時が手術後初めての姿。
言葉は一言も発せずに。 でも笑顔で。 いつも見ていた、それ以上の笑顔で僕らの前に立ってくれた。 

その時は、とにかく会えたことがうれしかった。 たくさんの決断があったんだと思う。 声を失い、音楽を手放し。 それでもこうやって笑顔で僕らに向かっている彼を見て心が動いた。


今日。 その時以上ににこやかな笑顔でステージに立った。 きっとその後に練習をしたんだろうね、今回はギターを演奏してくれた。 演奏もまだおぼつかなくて。 左手を握り替えるたびにいちいち手元を見て。 正直、上手くないんだけど、そういうことはどうでもいいくらいに楽しそうな笑顔で。 曲が終わったときもずっと笑顔。 今までの駆け引きはまだうまく成り立たないけど、それでも気持ちが伝わるステージだった。 本当に、「音楽」なんだなって思った。


それを見て。
なんていえばいいのかな…「生きることってすごいな」って思った。

一年くらい前に、会社の先輩が急死した。 前日会って、翌日に亡くなったという知らせが来て。 そこからバタバタと葬儀や会社的な手続きが進んだ。 その時、「死ぬってことは最強だな」って思った。 想いも、関りも、責任も、何もかもが過去に吹っ飛んでしまう。 残された人はもちろんいろいろあるんだろうけれども、もう何も言わせることはない。 こんなに強いんだって思った。

今回はね。 生きるってすごいって思った。 ミュージシャンとして、人として、いろんなものを手放して、その代わりに別の歩き方で生きていくことを選んだんだと思う。 誰もができることじゃないと思うし、計り知れない葛藤があったと思うし、その人だからできるという面もとっても大きいと思うんだけど、そんなことをすべて受け入れて、満面の笑顔で僕らと向き合って。 何事もなかったかのように、逆に僕らを受け入れてくれていた。

その力強さに感動して、僕はライブハウスの暗がりで泣いていた。
死ぬことは強い。 でも、生きることはすごい。



◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  

 押していただけると叫びます。 


IMG_3948.jpg

IMG_3949.jpg

0 Comments

Leave a comment