FC2ブログ

福井行 その五

ボス ボス ボス

東尋坊

幼いときに家族で来たことがある。 そのことだけは覚えているが他のことはかなり断片的。 海から戻るときに松のような林があり、土の道を歩いたという記憶くらい。

バスに乗って東尋坊に到着し、バス停から海へと向かう。 道は舗装されていて、その左右には土産店が並ぶ。 フツーの観光地だな。
土産店は正直、ちょっと「?」なものが多い。 バス停の近くではやたらと模擬刀を売っている店が目立つ。 観光地をしっかり盛り上げようというより、商魂たくましいだけに思えて気持ちが沈む。 進むにつれて店の種類が変わり、ソフトクリームや串の海鮮の店に囲まれていることに気づく。
・・・なんというか・・・その食品サンプルにやられた。 ソフトクリームの色がピンクでミントでチョコでどぎつい。 原色というか蛍光色というか、とにかくこの場所を訪れで気持ちの中に描いていたものとは違いすぎて居心地が悪い。 店のほうとしてはお客へのアピールも必要でこれはこれなんだろうけれども、ここにいたくない。

少し歩を速めて岬に近づくとカフェや飲食店に変わる。 前からこんな場所まであったのかな? 観光地化が進んでだんだんと岬のほうまで店の区画が伸びてきたのかな…そんなことを考えながら、やがて目の前が開けた。

そこそこ人も多くいるが、目の前のエリアはそれほど広くはない。 当たり前のことだけど、有名観光地独り占めとはいかないもんだ。
IMG_2740.jpg

潮や風で角を削られたような岩場を歩いて突端方向へと向かう。 天気はこの時期にしては良好だが、いつの間にか風が結構強くなっている。 かぶっていた帽子を飛ばされないようにと押さえつつ歩く。

IMG_2753.jpg
IMG_2743.jpg


…こんな感じだったっけ? 崖の高さも思ったよりも高くないし、広さも思ったよりも狭い。 こんな感じだったっけ? いくつかの突端があるので、歩き回ればもう少し広いエリアを見ることができるんだろうけど、それにしてもこんな感じだったっけ?と自分の中で繰り返している。
IMG_2752.jpg

少し前に、伊豆に行ったときに柱状節理を見た時のほうが感動した。 それほど人も多くなかった日で、海の近くまで下りて潮と波を感じて、地形の不思議さを感じて…それに近いものを考えていたんだけど、思いすぎだったのかな?
いくつかの団体が交代で写真を撮っている先端まで行って遠景を眺めたが、あまり気持ちが盛り上がらなかった… 景色もだけど、その前のショック品サンプルから興が覚めていたせいかもしれない。

んー。 おそらくは死ぬまでにもう一度くらいは来るチャンスがあるんだろうけど、もしかしたら別の場所観光に振り替えちゃうかもしれないな…そんなことを思った。





◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

2 Comments

uky  

Re: タイトルなし

ビバさま

コメントいつもありがとうね♪♪
観光地側には観光地側の事情があるだろうから、それはそれと思わないとね ^^

らっきょう? 気づかなかったなぁ…お店の人がこわくて、帰りは下を向いて戻って来ちゃった・・・

2020/03/28 (Sat) 22:08 | REPLY |   

ビバ子  

うっきぃ様

おはようございます。
東尋坊、懐かしいです。5年前に行ったのが最後です。
お天気の良い日は気持ちいいですね。
サスペンスドラマのラストシーンを思い出す崖も(笑)、懐かしい。
東尋坊前のお土産屋サンが、昔ながらの昭和感満載で、私は好き(笑)
つっこみどころも結構多いよね。
東尋坊に行くと必ず買うのが、小粒が特徴の三年子らっきょう。
また行きたいなー。素敵なお写真をありがとう♥

2020/03/26 (Thu) 05:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment