FC2ブログ

Passingbell

ボス ボス ボス


夕刊の片隅 懐かしいあいつの顔写真
その晩 電話のベルがいつもより静かに鳴った
俺たちはバッグに黒いスーツを詰め込み
それぞれの街から あいつの眠る街へ急ぐ
ディランを口ずさみながら 蒸し暑い夜を抱いて
苦い握手と笑顔、昔とおんなじジョーク

テーブルの周りで俺たちは
想い想いの形のグラスに
一本のシャンペンを注いだのさ


この街には敵と そして犠牲者しかいない
ここから最後まで逃げ出せなかった男
13階のオフィス 仕事が終わったその足で
廊下のダストシュートに頭から飛び込んだらしい
あいつはいつも言ってた
「俺はクズみたいな男さ」
弱音さえ吐けなかった負け犬に乾杯

テーブルの周りで俺たちは
想い想いの形のグラスに
一本のシャンペンを注いだのさ


この街を最初に飛び出したのは私だった
ヒットチャートを登って 輝く笑顔を手に入れた
シルクハットに恋してみんなが肩をすくめた時
私を照らすのは 丸いスポットライトだけ
あの曲覚えてるでしょ? イントロはピアノとバイオリン
さぁ 歌うわ、私
拍手をちょうだい

テーブルの周りで俺たちは
想い想いの形のグラスに
一本のシャンペンを注いだのさ


昔からみんなに優しい男と呼ばれてた
疑うことも知らずにあの子と一緒になったんだ
この春に生まれた子供にあいつの名をつけた
ありふれた暮らしのどこが悪いんだよ?
こんな目に遭うくらいなら
死に急いだやつが利口だ
息子の魂のためにグラスをあげてくれ

テーブルの周りで俺たちは
想い想いの形のグラスに
一本のシャンペンを注いだのさ


身の上話など俺には関係ないことだ
流れ者にだって 楽しむ権利はあるさ
三つ目の名前で新しい仕事を始めた
今ではあの街の顔役に収まった
しこたま儲けた金でみんなに酒をおごれる
だけど今夜初めて泣けてくるのはなぜだ?

テーブルの周りで俺たちは
想い想いの形のグラスに
一本のシャンペンを注いだのさ


時計はいつまでも遅すぎる夜を指している
「若さなんて棒にふるもの」
俺たちの口癖だった
雨の夜のために残しておいた悲しみを
テーブルに並べて 俺たちは静かに笑う
ラジオは調子っぱずれ 故郷の歌を歌ってる
外は土砂降りの雨だ
さぁ、もう一杯やろう

テーブルの周りで俺たちは
想い想いの形のグラスに
一本のシャンペンを注いだのさ


帰郷
T.O

◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

0 Comments

Leave a comment