FC2ブログ

月命日

さけびくんさけびくんさけびくん


月の命日。 今日も暑い。

ずっと以前、帰省して家につくと、親父がクーラーのきいた部屋で昼寝していた場面に遭遇した。 うちの家族にとっては珍しくもない、普通の日常。
敷いた布団の上に、パンツとランニングだけで横になって。 そのランニングもなぜかまくれ上がって太鼓っ腹がしっかりと露出してる。 親父の顔はテレビの方向ではなく天井のほうに向き直っていて、眠りに落ちてから少し時間が経っていることを感じさせる。 その手にはなぜかリモコンが握られたまま。 いわゆる「寝落ち」だ。

親父は良く寝る人だった。 お酒を飲むと赤くなって寝る。 床屋に行くといびきをかいて寝る。 家族で温泉に行くといつの間にか寝る。 一度、彼女を連れて帰ったときに焼肉屋に家族で行き、その座敷で親父が食べ終わって寝ていた。 彼女はびっくりしたようで、その後しばらく「あんたの家族は変わってるね」って話をされた。 でもね、それはうちにとっては日常の、普通の景色なんだよ。

親父が亡くなる前に最後の家族旅行に行くために帰ったときも、家に着いたら親父は寝ていた。 あまりに普通に寝ていて、体調は普通なんじゃないかな、と思ったくらいだ。 その後起き上がってきたときも、いつものようにどこどこ歩いてきて僕を見て「おぉ」と言っていた姿を覚えている。

今年の盆は帰れないよ。
秋にでも、帰るね。

◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  

 押していただけると叫びます。 

0 Comments

Leave a comment