FC2ブログ

東寺展 

ボス ボス ボス


再訪。 仕事帰り、夜の時間帯にぶらっと。

会期の末が近づいているから、最初に来たときよりも幾段も混んでいた。
今回も最初に後半のエリアへ。 毘沙門、地蔵、曼荼羅や虚空蔵菩薩・・・を過ぎて、メインの立体曼荼羅へ。

もう二度とこういう感じでは見ることが出来ないんだろうな、と思いながら感慨深く見た。
やはり、僕にとっては明王部が一番だ。 金剛夜叉の五眼をしっかり見て、降三世の後方を向いている顔を見て、軍荼利のへびはへびっぽく見えないと改めて確認し、そして大威徳は何よりもただただずっと眺めていた。勿論、正面左側、普段は見ることが出来ない側からしっかりと何度も見た。
こうやって考えると、不動明王が一番まともな容姿だ。 他の人は手が6本とか8本とか、脚も6本もいるし、何より顔も3つだそれ以上だととにかく凄い。 不動は姿は怖いが構成は普通の人だ。 その人がメインというのもなかなか面白いなって思った。

一旦、会場のスタートエリアに戻り、再度初めから流す。 掛け軸などの絵画はやはり劣化していて絵が見づらい。 彫刻は彩色が落ちても形状で見ることが出来るが、絵画は彩色が落ちると平面だから見づらいのは仕方ないけど、残念だ。
それでも、今回展示されていたのは写真コピーではあるがじっくりと見た。
他、天蓋を見てみると「国宝」とかいてあるのに驚いた。 そのすぐ隣にある巨大な曼荼羅図は重文だったので、文化的価値は色の落ちた天蓋のほうがあるということなんだ・・・と改めて眺めた。


東寺は好きでちょいちょい行っているけど、こういった体で周りの全方向から一体一体を眺めるチャンスなんて、次はいつ来るのかわからない。 今回も、しっかり見ることが出来てよかったと思った。

IMG_0722.jpg


トピックス。 会場で友達にバッタリと会った。 こっちが先に気づいて声をかけた。 彼がこんなところにいるなんて思っても見なかった♪

◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

0 Comments

Leave a comment