FC2ブログ

東寺展

ボス ボス ボス


上野で開催されている東寺展へ。

今回は、ほぼフルメンバーに近い感じでのご出張だ。
いつもは講堂の須弥壇の上に整然と待機している仏像がこぞってやってきている。
五大菩薩、五大明王、五大阿弥陀から、それぞれ四体ずつ。 天部は四天王のうちの持国と増長。 後は帝釈天。
これに宝物館から兜跋毘沙門と、観智院から五大虚空蔵菩薩。
・・・ぉぃぉぃ、今東寺に行ってもスカスカじゃないか、これだと・・・

展示は東寺にまつわる書のほか、曼荼羅の掛け軸、法具などもあるが、やっぱり自分の興味は仏像。 入り口をほぼ飛ばしてそのままどんどん進む。 
途中、明王の掛け軸などがありそれは立ち止まって観た。 確か、ここに飾られていたのは写真だったと思う。 ところどころに色が落ちて見づらくはなっているが、画なりの良さもある。

さらに進むとあっという間に後半のエリアへ。 ここからが本番。

最初に兜跋毘沙門がいた。 独特のくりっとした目。 痩せ型の姿で衣も独特。 ヘッドセットの説明を聞くと、元は羅城門の上部に納められていたらしい。 へぇ♪

その後は五大虚空蔵菩薩が曼荼羅のように円形に配置されている。 観智院では座敷に横一列に展示されていたと思うので、普段とは違う趣だ。 いろんな角度から観ると、乗り物の動物のつくりがある程度適当感があって可愛い。 馬がやたらと短足で、それもまた可愛い。

さて。 やがてメインの展示会場へ。 ここはスペースが広いのでいろいろな仏像展でも集大成的に展示がされる。
今回も、残りのほとんどがここ。 展示は阿弥陀は壁面に横一列、他は回りからぐるりと観ることが出来るようにシマの上に展示。
迷わず明王部へ。 もちろん大威徳へ。

大威徳は、大分の真木大堂で観たのが意識した最初だ。 三面で多臂。 だいたい六臂。 さらに六足。 おまけに牛の上に座っている・・・異形中の異形。 独特をマイペースで行くような仏像だ。 凄く印象的で、とても好き。 今回は後ろに回って牛のお尻まで堪能。
他に降三世、金剛夜叉、軍茶利を前から横から後ろから、存分に観ることが出来る。 異形の明王部はやはり観ていてテンションが上がる。 こんなにも異形なのに、その形がとてもまとまっていて破綻している感じがしない。 本当に、昔から日本人のこういった感覚というのはすごいものだったんだな、と思う。

それに比べると菩薩部、阿弥陀は安定。 形もながら佇まい自体がじっとした姿だから、ある意味面白みがない。 そんなことをいうと罰当たりだけれども。

天部は今回は帝釈天しか観なかった・・・いたの?時国と増長は??っていうくらいの印象。 次回はちゃんと観るからね。
その帝釈天も真後ろを覗いてほぼぐるりから観ることが出来る。 今回は普段見ることが出来ない角度左斜め後ろからをメインに観る。 立体曼荼羅の中では、須弥壇の隅にいる。

  ★    阿   ★
→ △  明 弥 菩 ▲ ←
  ★  王 陀 薩 ★

    ↑  ↑  ↑
△が帝釈天。 僕らが観ることができる方向は矢印からだから、帝釈天の反対側は観れない。
IMG_0722.jpg
このアングル♪ いぇい♪
仏像のサイズがそれほど大きなものではないので帝釈天も小さいかと思ってしまうが、象に跨っているわけだから実はでかい。
IMG_0708.jpg
やや前方へと回ると、その端正な顔立ちが観えてくる。 「仏像界一の美男子」と言われるのも納得できる。 対となる梵天はもっともやっとした顔だし。

IMG_0714.jpg
持ってるのは独鈷杵かな???
ちなみに、帝釈天だけは撮影OK。 フラッシュはNGなんだけど、それでもフラッシュ焚いている連中がいた…そんな奴は来るな!

長い間観まくって、もちろん絵葉書とクリアファイルを買って会場を出た。
今回はもう数回は来る予定にも関わらず、買い過ぎてしまった…


◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

0 Comments

Leave a comment