FC2ブログ

ムンク展、再訪

ボス ボス ボス


1/20までの開催だったので、終わる前にもう一度行こうと思ってた。
で、前の週末に行こうか、と思っていたが、混雑情報を確認すると入場まで60分以上待つって書いてる。 …無理。

でも行きたい。 と思って金曜の夜に再訪。
仕事終わってから向かって、それでも入場までに20分くらいは待たされた。 待たされるということは中も十分に混んでるってこと。 まぁ、仕方ない。


一度見ているから2回目はもっとあっさりと見ちゃう。
ざっと流すが、幾つかの画の前ではやっぱり立ち止まって魅入ってしまう。 KISS、いいな。 やっぱりいい。

今回再訪して、メランコリーとか絶望、叫び、バンパイア、すすり泣く娼婦、生命のダンスなどいろいろな画を改めてみた感じたこと。 ムンクって、やっぱり感情を描く画家だな、って思った。 景色、人物、事柄、そういったものが描かれているんだけど、立ち止まって見ているとその画からは事柄だけではなく強い感情が伝わってくる。 そう思って考えてみると、僕は他にこういう画家を知らない。

KISS。 本当に好き。
久しぶりに家にあるムンクの図録を見た。 その画はカラーのバージョンで、僕の一番好きなバージョンではなかった。
「あれ、あのバージョン載ってなかったっけ?」と見返したが、ない。
図録では見れなくても、強い印象でいつも頭にある。 それでいい。





◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

0 Comments

Leave a comment