FC2ブログ

ラウンドメモ 2018/9/11

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


IMG_8344.jpg

前職の時の仲間とのラウンド。
この二人、異常に上手い。 本格的にやっていた連中だから、当たり前か・・・

飛ぶ。 ボールの飛び方が全く違う。 いきなり高い場所を横移動し、いつまでたっても落ちてこない。
FWやLIで遠いところからもグリーンを狙える飛距離と方向性をもっている。
近い困難な状況でもスピンをかけたり、ロブを打ったり、技術がある。

なんにせよ、僕なんかが一緒に回ってもらうのが申し訳ないくらいの連中なんだけど、仲良くしてくれていて、年に一回くらいは一緒に回っている。 少しは上手くなったところを見せたい、と力んじゃったのかな、散々のラウンドだった・・・


冷静に考えてみると、今回はこないだ足したウェッジがマッチしなかった感じ。
池越えのショートホールで、#5のティーショットがふけて池へ。 その後池のそばからの60ydsショットが3回続けて池へ・・・ おい、ここだけで4発かい!?  ミスショットじゃなくて、これくらいと思ったのが全部ショート。 もしかして距離間違えてたのかな? 80ydsあったのかな?ってくらいに、自分ではいい感じで打ってた球がことごとく入水。 まだ使い初めで距離感が合っていないのかもしれなかったんだけど・・・
バンカーで3発、というのもあった。 最初に入った場所がグリーンとバンカーを結んだ一番遠いところ。 バンカーはいつも「ちょっとしか出ない」のでいやな予感はあったが、ちゃんと打っても飛ばずにバンカーの中で前に移動しただけ。 そこからもう一度しくって、三度目でちょっとだけ脱出。
バンカーは実力的なところもあるけど、振り返ってみるとウェッジで稼いだ感が強い。 いかん。 まだ試運転とはいえ、次回はちゃんと修正しないとね。

収穫という意味では、自分のドライバーの飛距離的な感覚がわかったこと。 彼らは本当に飛ばし、以前は50yds以上は普通に置いていかれていた。 彼らとの飛距離の差で自分の今の距離が飛んでいるのか飛んでいないのかを測っている。 今回、実はもっと離されるんだろうなと思っていたんだけど、思っていたよりも近い場所にいた。 彼らが二人揃って飛距離が落ちたという可能性も0ではないが、それよりも差が縮まったと考えるほうが自然だ。 最近飛ばないなぁ、と思っていたけどそれほど悲観しなくていいのかもしれない。
彼らは短いアイアンの打ち方が丁寧。 ゆっくりしっかり振る。 それを真似しようと思う。 これも今回の収穫とした。

スコアは116。 バックティのさらに後ろ、チャンピオンティから回ったとはいえそれはほとんど言い訳にならない。 ひたすら精進あるのみだ。

ちあみに。 茨城県の名門コースだったので、平日キャディつき歩きのラウンドで¥15,500。 高っ!


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

0 Comments

Leave a comment