FC2ブログ

灼熱の京都 その九 〆

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


最終日。 夕方の新幹線まで時間はたっぷり。
前日までの散策で、近所に僕の好きなパン屋さんがあることを確認済み。 「新々堂」。 デニッシュって言うのかな甘みのあるパンがいける♪
モーニングをやっていると書いてあったので突撃したが・・・「え?」・・・YOUを中心にすごい混んでる・・・入れない。 どうもかなり待つことになりそうだ・・・幸い、まだチェックアウトはしていないので、テイクアウトで部屋でいただくことにした。 それにしても。 いいところ見つけたな、って思っていたのに・・・YOU達は、どこから情報を取っているんだろうか??

 新々堂

食べ終わって準備を済ませて。 最終日は山鉾を回ろうと思っていた。 後山で鉾が出ているはず。 10時ちょうど。
約1km歩いて最初の鉾に到着。 暑く、すでにこの時点でペットボトル一本。 昼だから見え方も爽快。 鉾はちょうちん飾りの向こう側にある。 夜で灯がともった時に見ると幻想的になるんだろうな。 いつかそれも見たいな。 そう思いながら見学。 
鈴鹿山。 大きくは無い鉾はまだ十分に飾られていない状況。 ちょっと拍子抜けしたが、すぐに「こういうもんなんだろうな」と頭の中の情報を上書き。 何枚か写真を撮る。

顔を上げて見通すとすぐ向こうの通りに次の鉾が見える。 こんな感じなんだね。 本当に「町内」くらいの感じで次々を鉾が待ち構えている。
鉾の脇には少し入ったところに小さな展示のスペースがあり、この後飾られる(であろう)タペストリがかけてあったり、縁起を書いたガイドブックやその山オリジナルのうちわを売っていたり。 へぇ、こんな感じなんだね。 知らなかったことが少しずつ知識になっていく。
後山 2018



次の山、次の山と見ていく。 正直、まだしっかり飾られていないのでその部分はちょっと残念。 しっかりと飾られた山鉾を見るのは次回のお楽しみになった。

途中、それぞれの山の手ぬぐいがかわいいな、と思い始める。 そうだ。 次のゴルフのときに、みんなにこれを配るのはどうだ?とアイデアが沸く。 大きく2種類の手ぬぐいがある。 一つは、今年の記念手ぬぐい。 どこの場所でも同じものが売られている。 今年しか買えないんだろうな。 もう一つはそれぞれの山鉾のオリジナル。 これはきっと毎年同じものが売られてるんじゃないのかな? でも山ごとにデザインが違って良い。 その、各山のオリジナルを何枚か購入。 次のラウンドのときにプレゼントしよう。 手ぬぐいは日差しを遮るし汗もぬぐえるので、ゴルフの時には実はなかなか便利なアイテムだ。

手ぬぐい物色というネタもあり、積極的に山を回った。 
鈴鹿山 → 役行者山 → 黒主山 → ・・・あとどこだっけ、おそらく一通り回った。 一つ一つの間隔が狭いからあっという間。 でも、気温が異常に高かったためにすごく汗をかいた・・・
どれもまだ準備中だったから、これが飾られたところ、夜に明かりが灯ったところ、動くところ、前山でもっとたくさん山があるところなどを、またいつの日か見に来たい。

IMG_8017.jpg
IMG_8014.jpg
IMG_8009.jpg
IMG_8008.jpg
IMG_7998.jpg
IMG_7995.jpg

その後。 いつもの錦市場へ。 いつもの佃煮屋で少しだけ自分用のお土産。 ゴルフの時の塩分、ミネラル分を補給するために団子状にした「玉昆布」と言うのがお気に入り。 購入。

 千波

会社用のお土産は大丸で購入。 今回は人気の阿闍梨餅にした。

予定の時刻よりも早めにやることが無くなり、どうしようかな、とも思ったけど新幹線の時間を前倒しにして帰ることにした。 盛りだくさんだった、灼熱の京都旅行はこうやって幕を下ろした。

(おしまい。)

◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

0 Comments

Leave a comment