FC2ブログ

K2 (楽しんで)

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


仕事で登山をする人たちと知り合いになった。
登山の楽しみを教えるために教室を主宰する人や、自分の目標として山を目指す人。 いろんな人がいる。

その中、一人の知り合いが昨日、登山へと出発した。
今回の行く先は、K2。

K2は以前も名前くらいは知っていた。 「カラコルム 第二峰」。 カラコルムの山群の中にある山だ。 世界で二番目に高い山。
数年前、知り合いになった人の一人が登山に出かけた。 彼の話を聴いたのだが、それはすごい場所だった。
何より、山にたどり着くまでの距離が長い。 延々と、道なき道を車で走る。 これくらいの山になると冬場の登山は全く無理で、気候の良くなる時期を狙ってアタックするが、そのときでも山頂にはまだたくさんの雪が残っていて、そしてそこに向かうには多くの川やぬかるみを抜けていくそうだ。

ようやく近くまでたどり着いても、今度はそこから登山の準備が大変だ。
実は、エベレストなどであればルートもしっかり作られていて、ベースキャンプも大規模なものになっていて、ある程度のサービスも用意されていると聞いた。 絶えず、たくさんの国から登山者が集まるので、言ってみれば小さな街ができている、という感じらしい。
一方でK2はまったくそんな環境じゃないそうだ。 天候などの状況によっては1年に誰も登頂できなかった、という年もあるらしい。 ルートもしっかりと確保されているわけではなく、そのためまだまだ危険度が高い。 時間と資金をかけて挑戦するという意味でも、また安全という意味でも難易度は全く上らしい。 数年前に出かけた彼も、結局は山頂に至ることなく戻ってきた。

かじっている程度だけど、それくらいの場所と聞いていたので、今回、彼女らが行くことには驚き、素直に応援し、何より無事に帰ってきて欲しい、と思っている。
ちょっと前に彼女にメールを送った元気な返信をもらった。  その彼女も、既に雲の上にいるようで、やがてパキスタンからK2へと向かう。

僕は、ここで心配し応援することしか出来ないけど、彼女らの快挙を待ちたい。
毎日応援するからね、がんばってね♪

  K2



◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

0 Comments

Leave a comment