FC2ブログ

モンブラン。 もんもんブラン。 もんぶらん。

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


書いたっけな? 自分の中では今「モンブラン」がブームなこと。
そのブームが始まったのはまだそれほど遠い日のことではない。 だから、ブームとはいえまだそんなには食べていないと言うのが現状。
そのマイブームにより、いろいろと旨そうなモンブラン情報を集めている。勿論都内が中心だけど、その情報の端のほうに、東京ではないがとても、とても気になるものがあった。

朱雀

・・・なんだこのビジュアルは。
しっかりとした栗の香りや甘みがありそうで、でも、砂糖っぽさを感じさせない景色。
きめ細やかな栗が幾重の筋となり、適度な水分とともに口の中に広がりそうな予感。
加工されたモンブランではなく、栗の形が変わった、ただそれだけの素朴さを想像させる佇まい・・・

食べなきゃいけない。
なぜか始まったモンブランのマイブームで、偶然にも出会ったこのモンブランは絶対に食べなきゃいけない・・・

その衝動が心を動かし始めた。
もう2週間以上も前のこと。

ところが。
恋愛とよく似たこの想いには、恋愛とよく似たハードルがあった。
一つは場所。 東京から2時間以上は離れた場所。 
でもね。 遠距離恋愛と同じ。 どうにでもなる。
もう一つは、限定。 期間限定。 それは栗の旬である秋のころにしか提供されない。 出会えない。
でもね。 これもそう。 燃え上がったとき。 その瞬間に気持ちも、身体も、欲情も全てを注ぎ込んでこそ、だ。
そして、その期間限定はさらに高いハードル「数量限定」も備えていた。
・・・これで燃え上がらない恋愛があろうか? あるはずが無い。

実は昨日がその限定の申し込み解禁日。
解禁時間と同時に電話で申し込み・・・ お電話はただいま混んでいます・・・リダイヤル・・・ お電話はただいま混んでいます・・・リダイヤル・・・∞∞∞∞・・・

150回以上掛けたのに。
ようやくつながったときには 本日の営業は終了しました とのメッセージが…
そのあと見たホームページには 「今年の予約受け付けは完了しました」との赤い文字が…

あぁ。
今の俺では、この恋は成就しなかったんだな…
もっと、もっといい男になって
来年こそはこの想いを伝え、必ず会いに行き、一つになる。 一つに。


それまでの一年。
モンブランブームは消えているかもしれないが
これは別。 ずっと想いつづける。


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment