FC2ブログ

Giacometti

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル

 ALBERTO GIACOMETTI

彫刻。

僕が美術館や京都や奈良旅行をするようになったのは、元はといえば仏像だ。 立体の像の表現力とか、形の調和とか、意外性とか、そういうものに惹かれて仏像をみるようになり、その流れで彫刻をみるようになり、そこから絵画等もみるようになった。

そのおおもとは中学時代の図工?の時間が。 柔らかい小さい石材ではんこを作る授業があった。 そのとき僕は、その石材に、オバケのQ太郎を彫った。 自分でも上手くできたなと思い、そのときに立体のものをバランスよく作ることの面白さに気づいて、それから像が好きになった。

閑話休題。

見に行った。 ジェコメッティ。
展示されているのは彫刻、下絵、油彩が数点。
彫刻は言葉を選ばずに言うと、テーマは数えるほどしかない。 女性の立像。 歩く人物。 知り合いの胸像。 動物。
たくさんのものを見せてくれる作者でも展示会でもないが、同じテーマのものでも一つ一つがしっかりと存在感があり、見ごたえがある。

雨の平日ということもあり、空いている館内をのんびりと見学した。
一角に、写真撮影が許された場所があったので、なんとなく、撮りまくり。

IMG_5620-1.jpg
IMG_5619-1.jpg
IMG_5630-1.jpg
IMG_5622-1.jpg


ちょっと感動したかもしれない。この人の作品に。


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment