FC2ブログ

お芝居

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル

IMG_5471-1.jpg


新橋演舞場へ。行くのは初めて。
誘われて、演劇を観に。

 『お江戸みやげ』 『紺屋と高尾』

紺屋と高尾、は面白かった♪ 演者の人がなんともいい感じの間合い、表情で、さすがプロといった感じ。 ストーリーもわかりやすいものだったので、あまり頭を使うこともなく、単純に芝居の世界を楽しむことができた。

この日の席は、実はとてもとてもいい席で、前から2列目の中央。 演者のしわまで見えるくらいの距離だ。
こんないい場所で、大きなアクシデントが・・・
朝からなんとなくおなかがゆるかったんだけど、「なんとか1時間くらいは問題ないな」と思っていたが、開演5分前のベルで便意が出始めた。すぐに席を立ってトイレに向かったが、場所を間違えたのでそのまま断念、開演に間に合うように席に戻った。
・・・しばらくは事なきを得ていたが、30分近く過ぎると、はっきりと意識するような便意が・・・ ヤバイな、どうしようかな・・・と思い、芝居も半分くらいしか頭に入ってこない状況だったが、なんとウンがいいことに、舞台照明が落ち、暗転するタイミングが急に来た。

こっ、これは、大チャンス!とばかり
真っ暗な中で席を立ち、急いで劇場をでてトイレへ・・・ただし、用をたした後に前から2列目の中央席に、戻ってくる勇気もなく、残り半分はロビーのモニターで見ることになった・・・ということで、お江戸みやげの方はそれほどしっかりとは観ていない。 ごめんね、こんなにいい席なのにそんなことになっちゃって・・・


演劇というものは初めてではないけど、それほど経験もない。
時代劇風なところや劇場からいくとどうしても歌舞伎と比較をしてしまう。
歌舞伎とは、これは結構似て非なるものだな、と思った。
女性がいるいない、というのがまず一番大きいが、それによっていろんなことの印象が変わった。

でも、楽しい時間だった♪
演劇は演劇でいいし。 今度はどっちにしようかな?
◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment