FC2ブログ

毛抜

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


歌舞伎の鑑賞教室へ。
鑑賞教室というのは、初心者や子供のために、演者が仕草や音響、舞台装置などを説明してくれるもの。 その説明を聞いた後に幕をはさみ、短い演目を観ることができる。

今回の解説は中村隼人。イケメンの若手役者だ。話す姿を見ていてもかっこいい♪羨ましい♪

説明は30分くらいなのかな、結構興味深い。
回転する舞台の直径が20mくらいあり、実は奥の方にかなりのスペースがあることや、セリが3mくらいも上がる装置であることは知らなかった。 いつも見えている舞台はほんの一部だった、ってことだ。
女形の姿の作り方の解説では、肩を後ろに引き、下に下げてなで肩はと胸にし、内股にして少し膝を曲げ・・・と順を追って作っていくと彼のような長身の人でも華奢な女性に見えてしまう。 凄いね♪

楽しい解説を聞いて20分の幕間の後、本編を観た。

本編は「毛抜」という、ちょっと変わった内容のもの。
衣装、動き、音響、小道具・・・いろいろと楽しい♪ 話の筋はまぁ結構むちゃくちゃで首を傾げるようなところもあるけれど、全体としてはわかりやすい内容で楽しめた。

 毛抜


鑑賞教室も楽しいけど、こういうのを観ると次は大歌舞伎を観たくなるね。
フライヤーを見ると、番町皿屋敷なんかもラインアップされている。 ・・・かなり観てみたい感じ♪

 「番町皿屋敷」(ばんちょうさらやしき)

 通し狂言 霊験亀山鉾(れいげんかめやまほこ)

◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment