FC2ブログ

二度と行かない。 秩父国際

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


最近は経営難による系列化が進んでいて
ゴルフ場もだんだんと様子を変えていっている。

メンバーシップのしっかりしたところは従来からの、ある意味閉鎖的な「ゴルフ倶楽部」を維持し
そうでない、経営のしっかりしていないところはどんどんと系列化され、それに伴い効率化を進めている。

ここも、その一つなんだろうな。
実は、以前に一緒に働いていた人がここのメンバーだったので、じゃぁ一回くらい行ってみようかな、と思って予約した。
一方で、この界隈のゴルフ場を知っている人からは「全然ダメなところ」と聞いていた。

実感。 後者。
トップシーズンの日曜だから混んでいるのは当たり前。
ただ、ゴルフ場が効率化=サービスの低下だとはき違えている。

1)バックの運搬
 マスター室横のバッグのスタンドからカートまでのわずか10mを運ばない。 自分で運ぶと、今度はカートに積むところはやるそうだ。 ふーん。
 で、自分で運べは構わないんだけど、まだまだ日本のゴルフ場ではそういうのはポピュラーではない。 全くの少数派だ。 「自分たちはこうです」ならばそれを認知させるべき。 ホームページ、ハウス内、一番はキャデイマスター室周りに書いとけ!って思う。 こっちはわからないんだよ。 それがわからない人たち。 おそらく、常連以外の人には度々聞かれてると思う。 そのときの相手の気持ちを考える人がひとりでもいればいいのにね。 「わからないから聞いてるの。運べ、って文句を言っているわけじゃないの」ってことに気づけばいいのに。
 ちなみにホールアウト後もクラブを拭いて、所定の位置への移動は自分。
 一応、出入り口あたりの壁貼りの紙を見て回ったけど「ご自身でお持ちください」とはどこにも書いてなかった。

2)カート
 驚いたんだけど、無線がない。 普通は緊急対応のためについている。 トラブル、進行、雷雲の情報など、結構重要。 それを省いてしまっている。 何かあったら携帯でかけろ、ってことのようだが、逆に、コースからプレーヤーに連絡することもないの?

3)マーシャル
進行の停滞などに対応するためのマーシャルが一度も来なかった。 ある意味、すごい。

4)運営
ブラインドのホールで、6組カート待ち。 え? ありえないでしょ?
後半3ホール目、本当は信号機があるんだけど、それが故障していたらしい。 その結果進行が滞ったようだ。
それにしても、施設が十分に動いていないのって・・・それは、おかしくない? 動かないなら最初からフォアキャディ出すでしょ?もともと危険性を認識しているから信号機つけているんでしょ?

5)クラブバス
ぼろぼろ。 過去最高のボロさ。

他にも幾つか。
言っても仕方ないし、もう行かないからいいんだけど。 過去最低ランクだな、ここ。

コースレイアウトはアップダウンとブラインドが多いところ。
グリーンが狭いのでアプローチが難しいが、一つ二つ、NGホールがあったけれども、それ以外はまぁそこそこ普通かな。

なんにしても。
ゴルファーに「やらせてあげている」感が強い。
帰りの時間に名物の物販をして小銭稼ぎをしていたけれども
そんなことする前に、
「当ゴルフ場ではキャディバッグはお客様に運んでいただくシステムです。ご協力ありがとうございます。」って壁に何枚も貼っておけば?


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment