FC2ブログ

初の明治座

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル

明治座へ。
歌舞伎は過去、浅草演芸場で観たのが始まりで、最近は国立劇場に行くことが多い。
今回は初の明治座。

演目は  月形半平太。 演者は片岡愛之助。解説によると月形半平太はいままで演じられたことが無いとか・・・新作ということ?
話は幕末、坂本龍馬が薩長同盟を画策しているとき。 幕府の手からこの計画を隠し、はやる志士を押さえて奮迅する・・・という感じかな。半平太は剣の達人で、日ごろは酒と女にうつつを抜かし、それでも志のために苦境を必死に乗り切るのだが、やがて・・・

で。
国立で観る歌舞伎とはやっぱり少し違う。幾つか。
・まず、劇場の広さ。圧倒的に小さく「コンパクト」。その分、どこからでも見やすい。
・2階席だったので全体が見渡せたのだが、セットが・・・少し安っぽい。 例えば国立だと一段上に上げて作るんだろうな、というセットが地べたにある。
・音楽。国立は生。こっちは録音。終盤のところで生も入ったけど、基本的には録音だった。音はいろいろでているけれど、ちょっと現代風、かな。
・観客席でご飯を食べることができる。幕間に席でお弁当がいける。
こんな感じ。
いつもとは違う場所なのでちょっと新鮮♪劇場の作り自体はこっちのほうがコンパクトで一体感があるけれども、音や設備といった「内容」に関わる部分では国立のほうがいいかな。

11時に始まり、途中で二回、30分の幕間を挟んで、14時半くらいまで。国立よりも短いな。演目のせいかな?
イヤフォンの解説も聞きやすく、楽しむことができた♪


次回の歌舞伎は国立の予定。


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment