FC2ブログ

入学祝い

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


実家に帰った時に。
いつもうちに顔を出してくれる、綾羅木に住んでいるころから付き合いのある、おばさんに会った。

その人は。
以前は米屋さんをやっていて、おそらくそのころから両親とつながっていたんだけど、やがて事業に行き詰まり、仕事を廃業してしまって。借金で一時期は本当に大変な状況だったようだけど、なんとかなったようで、もう70以上のご高齢だが、お元気だ。
親父が亡くなったときも一番泣いてくれて。
親父が福岡の方で入院しているときも、2時間以上じっくり親父と話し込んだそうで、お袋も聞かされていないようないろんな親父の思いなどを聞いたそうだ。それくらい、うちの両親と仲良くつながっている人。

その人の、お孫さんがこの春に入学していたらしい。
ちょっと障害があるのかもしれないけれども、学校に行き始めたそうだ。

そんな話を聞いて、帰る間際に、お袋に入学祝いを託しておいた。

先日お袋に電話をかけた時、たまたまうちに来ていて電話を代わり、出た途端にいつもの調子で涙声で
 おさるさん、あんた、こんなことしてもらって・・・
と始まった。。。
 ほら、泣かんでいいから。 ちょっとしか包んでないけど。。。
 あんた、いつも気ぃ使ってくれて。。。

とても喜んでくれた。
こっちまで嬉しくなっちゃった。
ありがとね♪
またうちにいって、お袋と仲良くしてくださいね。 西尾さん。


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment