FC2ブログ

京都の秋

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


忙しくてなかなか旅行もできない。
最近はゴルフに休日を取られ、仕事も時々入って。
今回も仕事なんだけど、少しだけ、時間を作って観光した。

 勝林寺
毘沙門の旗がたくさん出ていて、誘われるように寄った。
内陣のガラス戸越しにしか見えなかったので見た印象は少し薄い。 内陣の両側にあるふすま絵の虎が印象的。
本堂前の紅葉の樹が、鮮やかな薄黄緑色で、陽射しを透かし通して綺麗だった。

 東福寺
それはそれは有名で人気の京都の禅寺。 桜の頃、紅葉の頃は行くもんじゃない、と思いつつ、今回は早朝でもあったのでとりあえず行ってみることにした。
前回一度行こうとしたんだけど、駅を降りてからの人数が異常で、近づくにつれ渋滞が始まり、途中で諦めて帰ったことがある。今回はそれほどでもない、歩ける。
臥雲橋から通天橋を見上げる。おぉ、行けそうな感じ♪ということで行く。
KT12-1.jpg

拝観料を払い入ると、すぐに通天橋を渡れる。京都駅からもほど近い場所ではあるが、起伏に富んだ場所にあるので、臥雲橋を見下ろすと、その間にたくさんの紅葉した樹々が溢れる。秋の色だ。
KT12-2.jpg
通天橋を渡り、その樹々の間を歩く。思ったよりも樹々の間隔が広く、広い感じの庭園だ。
KT12-4.jpg

 本坊
本坊も見ようかな、と思い訪れる。方丈と庭園で有名な場所だ。庭園は、古来からあるが昭和になって手を入れられた、幾何学模様の様式が見事な庭だ。廊下を一つ曲がると、意匠の異なる庭が顔を出す。狭い空間が趣を替えて出迎えてくれる。
KT12-3.jpg

いいな。方丈の正面の枯山水は、大きな魚が泳いでいるような感じ。解説を読むと島を表しているようだ。知らないと勝手な解釈をしちゃうな、とおもいつつ、そういう解釈でもいいんじゃない?って思っちゃった。禅宗だし♪
KT12-6.jpg
手前が本坊。壁一つ隔てた色彩や景色のコントラストがいい。

 今熊野観音寺
目的の寺に行く途中にあったのでぶらっと寄ってみる。
うーーん・・・ぼけ封じの観音像はあったなぁ・・・枕カバー売ってたなぁ・・・あとは印象ないなぁ・・・

 泉涌寺
御寺 泉涌寺。みてら、という。皇室と縁深い寺だそうだ。 実はこの日も、午後に皇族が来るそうで、一部は拝観できなかった。
伽藍は広々としている。印象的には延暦寺の根本中堂に向かうような感じで仏殿に向かう。
KT12-5.jpg

仏殿の木枠越しに、金色の三尊が見える。阿弥陀と・・・阿弥陀と、あと誰だろ?遠すぎてよく見えない。
気持ちのいい場所なんだけど、かなり山を登ってきたので、歩くのにはしんどいかも。次回は楽な靴の時に来ようかな。
境内に楊貴妃観音堂、がある。そこも寄ってきた。

 戒光寺
泉涌寺に向かう途中にあったのでぶらっと寄った。ここ、良かった。10mを越える釈迦が印象強い。外から建物を見るとそれほど大きく見えない。その建物の中にこれほど大きな仏像がいるなんて、ちょっと驚いた。説明によると慶派の作品らしい。そういわれると5割増くらいでいいものに見える、現金なオレ。長谷寺の十一面も10m越えてたと思うけど、見え方が全然違う。期待せずに寄ったけどいいところだった。





◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment