FC2ブログ

みちのく仏像展

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


 みちのく仏像展

それほど大掛かりな企画ものではないことは何となく知っていた。 
実際に行ってみたが、展示室二つ〜三つ分くらいしかない。

鉈彫り(なたぼり)の仏像がいきなり。これはパンフレットに載っていたヤツだ。
別の仏像展で鉈彫りという存在を知っていた。その名の通り、鉈で彫った粗い肌をそのまま残しているのが特徴。平滑に仕上げられた見慣れた仏像とは違い、ちょっと印象強い。
スクリーンショット(2015-08

全体に素朴な感じの物が多い。奈良や京都の仏像に比べると、少し拙い感じの印象。たとえば、単純に頭と身体のバランスが妙とか、身体の動きの感じが違和感があるとか。でもそれはそれで「味」であり、良さでもある。いろんな物があるから、どれだけ見ても飽きない。

十二神将のうち、四体が展示されていた。
スクリーンショット(2015-07
これは良かった♪展示ではそれぞれ持物をもっていた。三鈷杵とか、太刀とか。やっぱり、そういう物があるのと無いのでは雰囲気が全く違う。それぞれの像は70cmくらいかな、それほどは大きくなかったけど、それぞれがいい状態で残っていて、頭部の干支もはっきりとわかる。彩色も残っている。
正面から見たり、横に廻って見たり。しばらく眺めた。

なんていうのかな・・・同じように見える仏像でも個性が違う。十二神将という、薬師を守るチームの中にもそれぞれの役割がある。 精神的な緊迫感を伝えるもの、肉体的な力強さを誇示するもの、今にも動き出すくらいの躍動感を見せるもの・・・いや、四体しか来ていないけど、いいな、この仏たち。寒河江の寺にいるんだ・・・全部見てみたいな・・・今度行ってこようかな・・・
絵はがきを買ったんだけど、そっちにも持物は無い状態だった。それがとても残念。後から作った物であっても、持物のあるのが欲しかったなぁ・・・

最後に少し円空仏があった。円空は東海からでて東北とかにたくさん仏像を残してるんだよね。
独特の柔らかな印象の仏だった。


それほど規模が大きくなくても、十分に堪能できた♪



◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment