FC2ブログ

気づかされたこと

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


こないだ。
友達と飲んでた時にふと出た話。
自分でもまだもやもやしているんだけどね。


一応、俺らが卒業したタイミングは末期ではあったけどバブルの時で
結果的にはサークルの連中も結構いいところに入っている。
それに漏れず俺も、まぁ、誰でも知っているような名前の会社に入っている。

その友達も有名企業に入ったんだけど、彼はその後退職し、自分で会社を興している。自分で興した会社だから知名度は当たり前に低く、例えば銀行にお金を借りようとしてもやっていることを一から説明して、ととても苦労しているそうだ。
おそらく、彼が以前勤めていた会社であれば「その会社の人ならば」と二つ返事で進んでいた話が、全く進まない、なんて事も当たり前だそうだ。

飲んだ勢いかもしれないが、その彼が
僕の友達で、◯◯に勤めている人がいて
と、うちの会社の名前を出すと、少しだけだろうけれども、相手の警戒が緩むそうだ。

へぇ。そんなもんなんだ。
うちの会社は一時期分社化し、俺は本流の会社ではなかったから、その業界では知名度はあったとしても、役に立たないもんだと思い込んでいた。会社の看板なんて、
だから?
程度のものなのかな、って思っていた。
ただ。
企業と個人を知っている彼の話だから、ちょっと響いた。そういうもんなのかもしれない。


思い返せば、うちの親父の葬儀の時。
会社と社長の名前の入った供花があって、それを見た人が
へぇ〜
って言ってたな。
そういうもんなのかな、って。そういうもんだったんだな、って。
本当の価値って言うものはそこにあるとは思えないけど、それでもある程度の意味はあるみたいだな、って思った。


いいことか悪いことかわからないけど。
昨日亡くなった友達に供花を出すことにしたけど、会社名と、自分の名前を書くことにした。

自分のためというより。もしかして、彼のご両親や身内の人が俺の名前ではなく、会社の名前に反応して
あぁ、そんな会社の人とも付き合いがあったのか
って思ってくれるかもしれない。

余計なことなのかもしれないけど、俺なりに、彼に感謝をしたい。大切に、見送りたい。そう思った。





◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment