FC2ブログ

OB会が難しい状況

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


ケロールと話をしていた。
先生が亡くなった今となって、どうやってOB会を維持していけばいいか、って話を。


奥さんが先に亡くなって、先生も亡くなってしまった今となっては、OB会という形で何をしていくのか?という事が問題だ。 人のつながりだけでいいのならば、おっきな組織として形を残す必要もそれほどはない。 今でも、来るヤツは来るし来ないヤツは来ない。 誰かが幹部という負担を背負ってまでつながりを作ってあげる必要もない。

現役のサポートをする、という側面もある。 主に金銭的に、OB会費から大会エントリーの補助や、備品の購入費用補助などでサポートしている。 これにしても、結局は今会費を払っているOBしか関わっていないのが現状で、払っていないヤツらもたくさんいる。 自分たちも現役の頃はそういう支援を受けていた訳だから当たり前に自分たちも支援する、という考えがないヤツはそれはそれでしかたない。 金額が減ってしまうかもしれないが、有志だけで年にいくらかでも集めればいい。 一人1000円にしたって、400人以上OBがいるサークルなんだから、年10万以上は集まるだろう。

そんな話をしていた。
どうも、俺達の代が口を開いてしまうから、という事もあるけどいつも核になる。 結局、今回も俺達が核となってその辺の打ち合わせの会をやる事になった。 普段あまり来ない女性を中心に意見を集めて、方向性を出していこう、という事になった。

俺は、正直言うと解散していいと思っている。 残念だけど、社会人でみんなそれぞれに環境が異なり、加担する度合いも変わっている。 それでも「できる事だけでも協力するよ」ってヤツもいるけれども、ほとんどのヤツらは受け身だ。 先生という存在がいない今、その受け身のヤツらをまとめていく意味がよく見えない。



珍しく、ケロールと重ための話をした。
それにしてもあいつは、自分がどれほど忙しくてもこうやって後輩の事、全体の事に関わろうとしてくれる。 他のヤツいいうと「あいつがやりたくてやってんだからさ」っていうけど、それは違う。 お前みたいなヤツが多いから、あいつが背負ってるんだ。 そういう意識をもてよ、俺達みんないい歳なんだからさ・・・






◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment