FC2ブログ

ちょっとキレてみた

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


仕事で。
アイデア出しの打ち合わせをしていて、あるアイデアを出した。
今の時点ではあまりに漠然としている話だし、いざ実現しようとしてもかなり高いハードルがある。自分の力を考えるとあまりに高望みであることは承知。

ここで、立場がいくつか。
自分がマネージャーという立場で考えたら、もう少し現実的に可能性が高いものを提案するべきだろう。
自分が作業者だという立場なら、こんな提案はするべきじゃない。もし採用されたら、自分に振られてくる可能性が非常に高く、残念ながらこの仕事の経験が少ない僕では、無理。
もう一つ上の、経営に近い場所で考えたら、もちろんやるべき。 新しいことに挑戦するべき。
単なる営業としても、商材が増えることはウェルカム。

とまぁ、もろもろ問題があるとは承知の上で、現状の打破なり、このままいく収束感の打破を考えて提案した。

と。
思っていた通りではあるが、一緒に商品開発をし、僕よりも何年も経験がある先輩から、消極的な発言が出た。

 僕らじゃこれは無理ですよ。何より、こういった商品はやったことがない。
 どうしてもやるなら、企画の人間の入れ替えしたほうがいい。 でもいいから誰か出して、〇〇と入れ替えて。
 これは、企画の骨子を作るところが難しいんですよ。
などなど… まぁ、想定していた範囲内というか、だれでも思いそうなポイントで反論をされた。

もっともなんだけど、ただ、「だったらこのままでいいのか? 今出ている提案だけで足りるのか?」という悶えがずっとあり、あえて、その提案を出したままでいた。

打ち合わせの最後、部長が議事をまとめる段になって、次回の報告会のために僕の出したアイデアを盛り込んでおくように言った。 その資料をまとめる役のが一言、僕に向かって。


 いやた、大変だねぇ。 これ、がやるんでしょ?

ずーっと我慢していて、もちろんまだまだ我慢できる状態ではあったが、一瞬、考えが浮かんだ。
 (…ちょっとキレた風に文句言って反応見てみようかな…) ^m^

 いや、すみませんね。 そうやってからかわれても、俺がすぐできるわけじゃないですけど、一生懸命頑張りますから。 できることは何でも。 申し訳ないですね。


その打ち合わせが終わり、会議室の入口にが立っていた。 通り過ぎようとしたけれどその時。

 いやぁ、また消極的なこと言ってごめんね。 でも、とっても大変だからさぁ…

様子見でキレて見せただけなので、何とも思っていなかった僕は一言。
 いやいや、全然気にしてないっすから。 頑張らないといけないですよね。

全てとはいわないけど、ちょっとだけの範囲が見えた。



◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment