FC2ブログ

1月1日の巻

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


それにしても機内の時間は長い。 成田からロサンジェルスまで、10時間くらいかかった。
最近は海外と言ってもアジア、もっというと台湾か広州くらいまでしか行ってなかったから、ちょっと感覚が狂ってた。 確かにこんな感じだったな、アメリカって。 結構しっかり遠い。 当たり前か、時差もー15時間もあるわけだから。

ということで、現在LAXで乗継の待ち合わせ中。 こっちの時間で元旦の朝10時くらい。
日本は夜中の3時か。。。眠たいわけだ。。。


(追記)
LAXからは2時間程度のフライトだが、ちょっとだけ贅沢して(ちょっぴり広めのシート)を予約。 +¥1,600程度かな。 そんなには変わらないな、ということを確認。

ラスベガスの空港は「マッカラン」という。 アメリカはどこの空港も広くて気持ちいいが、ここもやはり天井が高くて気持ちいい。 到着などの表示が少なく、一瞬方向に迷うが、なんとなく覚えている景色でもあり、無事baggageへ。 もちろん、あちこちにあるスロットマシンになんて目もくれない。 これは帰りに、ポケットに残った小銭で遊ぶもんだ、と決めているから。
街のメイン通りにものすごく近かったことだけは記憶している。 記憶の通り、バンで走るとすぐにMGMが見えてくる。 これが「ラスベガスブルーバード」=「ストリップ」の始まりだ。
マッカラン到着が15:30くらいだったため、ストリップに突入したのは16時くらい。 今までにないくらいに道路が渋滞していて、今までにないくらいに人があふれてる。 さすが、元旦♪

泊まったホテルはBELLAGIO(ベラッジオ)という、ラスベガスの中でもグレードがよいほうのホテル。 今回、道中の手配はほとんどを連れにお願いしたのだが、そっちのほうが金銭的余裕があるためか、僕にとっては少し贅沢な感じだ。。。
部屋にチェックインして、早々に出かけることにする。 1階のカジノでそれぞれがやりたいものを探す。 適当に遊んで合流してから、ちょっと他も見てみようかと、正面にあるプラネットハリウッドに突撃。
カジノはお金のにおいがプンプンするところなんだろうけれども、我々にはそんなにはお金のにおいが届いてこない。 まぁ、一般の会社員ならば一晩で10万だ20万だの投資はなかなかできるわけではないので、当たり前のように戻りも大きくはない。
逆に、カクテルガールたちのセクシーな衣装に目を奪われる。 ここ、プラネットハリウッドのカクテルガールはほとんどが豊胸してるんじゃないかな、という感じで、あふれちゃってる。。。ちょっと刺激が強すぎる感じ。
そんな姿に目を奪われているうちにおなかがすいていたことに気付いて、同じ建物内のレストランへ。 時差の影響が出始めて、オーダーしたものが届くまでずいぶんと長く感じた。 そそくさとおなかに入れ、翌日のことも考えてこの日は早めに寝ることにした…


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment