FC2ブログ

ベアトリーチェ・チェンチ

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


ベアトリーチェ・チェンチ

ベアトリーチェ・チェンチ。
こないだ、テレビの番組を見ていて知った。

恐ろしいくらいに綺麗で…ちょっと言葉が出ないくらいに引き込まれた。
ほかにもきれいな絵はたくさんではないけれども知ってる。 洋画、日本画ともに。
そういった絵とはまるで違う、ドキドキするような不思議な力がこの絵にある。



350年も前に書かれたこの絵には、実はとても悲しい物語がある。

彼女は、あまりに綺麗だったことと、父親があまりに暴君であったこともあり、自宅に軟禁されて近親相姦をされていたそうだ。 やがて、兄弟でその父親を殺すことになる。 情状の酌量はなされずに、彼女は斬首になったそうだ。
この絵はその斬首される直前の姿。 頭に巻かれたターバンは、髪の毛で斬首の刃が滑らないようにと、そのために巻かれたものだそうだ。
綺麗で、とても印象深い表情は…そのせいなのかもしれない。

今まで見てきた絵の中でも、一番惹かれた。 チャンスがあれば、一度現物を見てみたいな、って思った。

くわしくは、wikiで。

◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

2 Comments

uky  

Re:

見てた?
なんか、ジャンルでくくると「肖像画」って範疇なんだろうけれど
ちょっと別格の感じがするよね?

できれば、この絵を実際に自分の目で見たいなって思っています。
イタリア ローマのバルベリーニ国立絵画館 にあるようです。

…ひとつ、自分の余暇の目標ができたかな。

2012/11/09 (Fri) 18:23 | REPLY |   

ぷぅ  

こんばんは。私もTVでみました。
フェルメールにもこんなアングルの少女の絵があるけれど、こちらの少女の方が美しいね。顔立ちと内面にある感情が表情に表れてるからかな?
心惹かれますね。

2012/11/07 (Wed) 22:56 | REPLY |   

Leave a comment