FC2ブログ

レンブラント展

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


国立西洋美術館で開催されている  レンブラント展 へ。

僕でも知っているクラスのポピュラーな画家なので、当然、混んでる。 いつものように、入り口の混雑部分はジャンプしていきなり中盤へ。

レンブラントは自画像を中心に人物画を描いた人で、ラトゥールのように陰影、特に背景の闇から立ち上がるように人物を描いた画家、というイメージ。 が、今回の展示会ではそういった作品も勿論のこと、版画が多数展示されている。

版画、実は結構好きになってきた。 油彩や水彩の、一つしかないものの存在感や迫力もとてもいいんだけど、版画のように幾枚か存在するものを見るのも良い。 少しずつ、刷りの具合によって風合いが違うものがこの世に存在すると言うこともちょっと面白い。 レンブラントの場合は、特にその版木に加筆(?)を加えてアレンジしていったバージョン(ステート)がいくつもあるので、「より高い完成形に向けて変化していく作品」をいろいろと見て「おぉ、ここのところを変えたんだ」などと、違いを見比べる楽しみがある。

かなりの混雑ぶりにもかかわらず、空いているところを見つけてはうろちょろしながら、しっかりと見ることが出来た。


○● ○● ○● ○● ○● 

いつもこういう展覧会の後は、クリアファイルや絵葉書を買う。 オフィスで使っている。
今回も買って帰った後。 売店で、それらを入れてくれた袋がふと、気になった。 最近はビニールの袋などが多いのだが・・・封筒したての紙袋。 薄いグレーの袋だが、口から見える内側に黒く墨引きされている。

・・・凝ってるな

程度にしか思わなかったのだが・・・

 あ!

思い立って、それを電燈にかざしてみたら、浮かび上がった

光と、闇と、レンブラント

そうか、黒地に白抜きで文字を入れておいて、光にかざしたときにだけ浮かび上がるんだ。 気がつかないでそのままゴミ箱に行く人も多いだろうに・・・こんなところに手間とアイデアを注ぐなんて、ちょっとスマートじゃない♪ かっこいい♪


展示会の印象もさることながら、主催というか企画した人に感動した。







◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

以降、自分のための備忘録。 (レンブラント展 HPより)



エングレーヴィング/ビュラン (Engraving/Burin)
 凹版の中では最も歴史が古い技法です。通常は銅版ですが、亜鉛版や鉄版が用いられることもあります。よく磨いた薄い金属板に、ビュランいう先端が斜めに切断された鋭い道具を使って彫ります。そのため「ビュラン」または「ビュラン彫り」とも呼ばれます。一点のエングレーヴィングを仕上げるには相当の熟練と労力が必要とされるため職人技とされていました。深い溝を彫ることができるので印刷を重ねても磨耗しにくく、またエングレーヴィングは線の幅に変化をつけられるのが特徴です。エングレーヴィングを代表するのはデューラーです。レンブラントはこの技法を最後の仕上げやアクセントとして使っています。

エッチング (Etching)
 腐食銅版画。通常は銅版が用いられますが、16世紀半ばまでは主に鉄版、19世紀過ぎまでは亜鉛版も頻繁に用いられていました。よく磨いた金属板の面に溶かした蜜蝋や松脂を塗り、その上をニードルという針状の道具で引っ掻きながら絵を描きます。これを酸性溶液に浸して引っ掻いた部分を腐食し、そこにインクをつめてプレスします。蝋の上から描くという特に力を必要としない技法なので、柔らかく動きのあるタッチで自由に描くことができます。エッチングの線は太さが均一で、始まりと終わりが丸くなっているのが特徴です。レンブラントは最も重要なエッチャーです。

ドライポイント (Drypoint)
 金属板をニードルや尖筆で引っ掻くことによって描き、そこにインクをつめてプレスします。線の両側には「まくれ」という金属かすの盛り上がりができます。ここへ版に載せたインクを拭き取る際にインクが溜まるので、陰影の幅のある線が印刷されます。このまくれは印刷を重ねることで磨耗し、それによって印刷される線が弱くなってしまいます。エッチングやエングレーヴィングで大方完成させた後のアクセントとして使用することが多い技法です。レンブラントには、ドライポイントのみで制作された版画も少なくありません。

ステート (State)

 版画には一度印刷した後の版に手を加え、新たな彫りを得ることがあります。ひとつの版から複数段階の刷りが生まれる、この段階のことをステートと呼びます。レンブラントほどひとつの原版に手を掛けた版画家はいません。多いものになるとひとつの原版から10ものステートが作られている場合があります。

版画

0 Comments

Leave a comment