FC2ブログ

風邪だった、結局は

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


セカンドオピニオンということもあり、耳鼻咽喉科へ。
会社から一分程度のところを見つけ、早速行ってきた。

まずは耳の中を覗かれる。
それからおもむろに、右の鼻の穴に綿棒を突っ込まれた。
(「綿棒」が誤変換で「麺棒」になった。 さすがにそれは入らない、俺でも)
その後、内視鏡のようなものを右の鼻の穴に突っ込んで、喉の状態を確認。

 耳の通りが悪くて、高いところにいるような感じなんです
との訴えに対して、検査器で左右の鼓膜の調子(?)を確認。
山型に表示された圧力分布から、耳の中の圧力が復元しづらいような状態であるとの説明を受けた。

それから右の耳の穴に空気を送り込んで、鼓膜辺りの違和感を解消。
そのあとは機械の御世話になり、
・喉の吸引
・鼻の吸引
・耳の中の空気圧力マッサージ
を受けた。

全部でおよそ20分。
結局は
 風邪が原因で、異常が出てるね
ってことで、風邪でした。

数日前に内科で処方してもらった薬を見せて
 あんまり効いていないんですが・・・
と訴えると
 じゃぁ、もう少し強いのを出しときますから
と、幾つかの薬はチェンジ。


なんとなく、ちゃんと診察と治療をしてもらったという感じで、安心感が高まっただけでも良しとしたい。
いい医者だったと思うし。
よかった。


ところで。
診察いすに座っていきなり
 鼻が曲がってるね
っていわれた。 なんでも、鼻の内側にある軟骨が曲がっていて左の鼻の穴が少し狭いらしい。
・・・小6のときに、友達からいきなり顔面を殴られたことをすぐに思い出した。 俺も鍛え方が足りなかった・・・



◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 つけてみました。 
ポチっとクリックしてください

0 Comments

Leave a comment