FC2ブログ

もらって嬉しかったもの

僕は人から物をもらうのが下手だ。
プレゼントをあげるとか言われても、なんとなく「申し訳ない」と思って遠慮してしまう。

でも、以前にもらったものの中で、とても嬉しかったものがある。
「名画を見る眼」「続 名画を見る眼」という本だ。


カラー印刷でもないこの本には、いくつかの古典の名画が紹介されていて、その絵画の解説がされている。 好きだけど絵については詳しくない僕は、知らない絵のほうが多いくらいなんだけど、それを説明を見ながら読みふけっていった。

arnolfini_s.jpg


前にも載せたかな、ファン・エイクという人の書いた「アルノルフィニ夫妻の結婚」という絵。 これが最初に紹介されている。


この絵を、その描写しているものの意味や作家のテクニックなど、たくさんの方面から解説してくれてるのだが、難しい話というよりも、興味を引くようなシナリオで説明してくれている。

ちなみにこれは婚約のシーンで、たとえば中央の下部分に描かれている犬は「従順」のシンボルである、後方に描かれている壁の鏡の中に、実はこの絵を書いた画家も描かれていて、実はこの絵を見るものと一緒に結婚の立会人となっている、など。 実際にこの絵を前にしてもとてもわからない部分を教えてくれる本だ。


もちろん、全ての名画を解説しているわけではないが、それ以来、絵を見に行った時に、すこしだけそんな背景を考えるようになれたのは、この本のおかげだ。


プレゼントしてくれた人とはもう連絡も取らなくなってしまったけど、感謝してます。 ありがとうね♪

0 Comments

Leave a comment