FC2ブログ

ハルビン旅行記 四

最終日の集合時間は6時にフロント。 5時過ぎに起きだして、両親を起こす。 荷物は昨日の夜に大体作っておいたから簡単にまとまる。

朝食は、ビュッフェメニューの中からいくつか詰め込んだお弁当。
味つきのパン、ソーセージ、ベーコン、バナナ、ヨーグルト・・・一つずつラップでぐるぐる巻き。 ほどくのにも一苦労。

空港までの取り付け道路を進む。 どこまでもまっすぐな道。 やっぱり、山は見えない。 当たり前か、最初に通った同じ道だし。
3日間案内してくれたガイドの人とは違い、今日は別の人がガイド。 といっても空港までの短い付き合いだ。 今回の通訳・ガイド料と、車のチャーター代を手渡す。 ありがとうございました。

空港に着くとまだ荷物検査が始まっていない。 20分ほど待たされてようやく始まった。 荷物を検査機に入れて受け取る辺りでガイドの人とはお別れ。 あとは家族3人の旅行だ。

と、途中、日本人の年配の人から声を掛けられる。
「すみません、荷物が多いので、ちょっと重量負担をお願いできませんか?」
その人は1年間ハルビンの大学で講師をしていて、久しぶりの帰国だそうだ。 で、荷物がどうやら40kg近くあるらしい。 一人20kgを超えると超過分の重量に対してお金を払わないといけないらしい。 そこで、荷物の少ない僕らと一緒にチェックインして「頭割りの重量」ですり抜けよう、という魂胆だ。
まぁ、別に危険もないし承知する。 上手く超過料金はすり抜けられたらしい。

ハルビンの空港のロビーは寂しいもんだ。 海外にありがちな華やかな免税店もなく、小さな免税売店があるだけ。 会社向けのお土産を一つ購入。
程なく搭乗、そして出発。

機内食はパスした。 さっき朝ごはん食べたばかりだし。 ・・・そんなに美味しくないし。
両親は一応手をつけている。 すごいなぁ・・・僕よりもたくさん食べる人たちだ。

フライトの時間は短く、あっという間に日本に到着。 入国手続きもさすがに簡単。 言葉が通じるっていう安心感がどれほど心強いものか! 両親も自分たちで対応できるし。
空港から駅までのバスに乗る。 まだここには中国の人も多い。 新潟駅についたら、そこがひとまずの終了地点かな、中国旅行の。

20分程度で到着。 バスから駅へ向かう間に、飛行機からの流れで同乗していた一団が崩れて、三人家族に戻る。
「熊谷まで行きたいんですけど・・・」と、たどたどしい日本語で聞かれる。 バス、一緒だった人だ。 中国の人でよくわからないんだな。 窓口を教えてあげたら頭を下げて進んでいった。 昨日までとは逆になった。 心細いんだろうし、これからは今までよりももっと旅行者とかに優しくしてあげたいな。

ステラおばさんのクッキーのイートインに入って一服。 お袋はハーブティ。 親父はチーズケーキ。 ・・・ん? そんな人たちだったっけか? 「お新香とビール!」じゃなくて良かったのかな???

新幹線は行きも帰りも二階建ての二階。 携帯いじったり、本読んだりしている間に東京へ。 そのまま両親と新宿、今夜の宿泊先へと、無事到着。
まだ4時くらいだったから夕食にはちょっと早い。 両親は一休みしたいだろうし、僕は・・・すぐそばにいつもいく床屋があるから、髪でも切って時間潰そうかな。 「6時くらいに来るね」といって動くことにする。 が。 なんせ蒸し暑い。 思い直して一度家に帰って着替えてくることにした。
キャスターごろごろしながら帰宅。 暑い時期に数日空けた部屋は蒸していた。 換気しながら自分もシャワーでさっぱり。 それからエアコンのきいた部屋でしばらくテレビを眺める。

時間を見て部屋を出て、新宿へ。 夕食は僕のなじみの焼き鳥屋へ。 ・・・何の話をしたのか覚えてない。 両親と、ゲスト1名と僕。 4人で取り留めのない話をしていたんだと思う。
両親の明日のスケジュールを聞いてみる。
「浅草にでも行こうかと思って・・・」
・・・行くのはいいけど、歩くところだし土地勘ないみたいだし、そこから空港は少し距離があるし。 いろいろと相談した挙句に、新宿で買い物でもして帰ることに決定。 そういえば先月、姪っ子の誕生日だったし。

店を出てホテルまで送る。
ロビーのところで、簡単に「じゃぁね、明日気をつけて帰ってね」。 何気ない、簡単な別れだ。


・・・東京に着てから、実家のほうでお世話になって人たちが少しずつ亡くなっていく。 当たり前のことなんだけど、それが自分には辛い。 何もお返しも出来ずに、なくなる前に少しの会話も出来ずに、亡骸に会いに行くことが多くなった。 だから、その分、時間を大事に考えていきたい。 両親との今日の「じゃあね」も、もしかしたら最後の言葉になるのかもしれない。 だから、簡単な言葉にも思いを込めたい。 この言葉が最後にならないように、いつも思っていたいし、また会って話して飲みたい。 


3泊4日の、我が家のハルビン旅行は幕を閉じた。
いい旅行だった。 両親が健康ならば、海外でなくても、また一緒に行きたいな。

0 Comments

Leave a comment