FC2ブログ

三筆書き

category: 特別なこと  1/66

お袋から

電話で話をしている途中でお袋がふと僕の、結婚をしていないという状況について「あんたの、そういった生き方もあると私は思ってるよ」的なことを言われた。「結婚」ということにこだわっていないというか、諦めたのかな???いずれにせよ、そんな話をしたこともなくこういう話になっちゃうと「あれ、もう直ぐ死んじゃうの?」と思っちゃったりして…そういえば、お袋と話をしていて、こっちの話と噛み合わない会話がちょいちょい...

  •  0
  •  -

相思相愛じゃないとつまんない。 それがわからないとつまんない。

例えばさご飯食べようとか、どこかに行こうとかするのならさお互いがお互いを思ってないとつまんないよね。ただ単に、飲みに行くだけの友達ならまぁ、そういうのもあってもいいけど僕は、もう少しシッカリ思い合っている方がいい。男友達でも女の友達でもそう思うな。それはわかってもらうものではなくしっかり伝えることだと思う。まぁ、相手が女の子なら艶っぽいことがあるともっと嬉しいけど♪◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ...

  •  0
  •  -

月命日

今日は在宅勤務で多少時間が自由。 昼前にお袋に連絡を取った。 もう、その前に坊主が来て読経は終わったそうだ。今年になってからはまだ実家に戻っていない。帰りたいんだけど、なかなかタイミングがない。今月もちょっと都合がつかない。 来月も似たようなもの。どうしても、わざわざ高い飛行機代をかけて帰省すると思うと土日ではなく一日でもう二日でも長くと思ってしまう。一方で、土日にガンガンゴルフを入れてしまう。 ...

  •  0
  •  -

南雪 命日

お袋のお兄さん。 そのお嫁さん。 だから僕のおばにあたるのかな?今日が命日。 さっきお袋にメールした。 僕んちではお線香をあげられないから、親父の仏壇になっちゃうけど、お線香をあげておいてって。前にも書いたかな。おばさんは足が不自由だった。 いつも片足を引きずっていた。それでも、昔の人だからこまごまと立ち振舞って、家事なども普通にやっていた。おばさんは、洋裁をやっていた。 自宅には「内閣総理大臣賞...

  •  0
  •  -

生き方

なんていうのかな・・・きれいごとなんだけどさ。人を傷つけることもあるし嘘もつくしさぼり癖もあるしいい加減だし自分勝手だし人付き合い悪いし足は臭いしお金も持ってないし頭良くないしでも、せめて自分の周りにいる人は大事にしたい。その人が、一生懸命に頑張っているのであれば応援したい。それが叶わないときに心の底から落胆してしまう。派遣契約の子の契約を延長しないことになった。彼女はとても頑張ってくれていたのに...

  •  2
  •  -

命日

親父の命日。 帰省する予定だったがコロナウイルスのことで取りやめ。こないだ、福井に行った時に永平寺で買った和ろうそくと線香を送ってる。 お袋が供えてくれると思う。今年になってから、くらいだと思うが会社のパソコンのデスクトップを、ランダムな写真にしている。 食べ物、柴犬、ゴルフ場や旅行先の景色、昔の飲み会の集合写真。。。結構なんでも出てくる。 その中に、親父とお袋の写真も入れている。時々、気づくと親...

  •  0
  •  -

荷物が届いた

お袋から荷物が届いた。・がめ煮 一般的には筑前煮、っていうのかな、それ。 レンコン、にんじん、鶏肉、しいたけ、ゴボウ、こんにゃく…根菜中心に具沢山。 今回は煮汁を別にペットボトルに入れて添付。 これで火にかけて熱を通せ、との指示でその通り。・ぬかみそ炊き 大好物。 東京に来てから知ったがどうやら北九州の一部にしかない郷土料理。 基本は鰯くらいの魚を醤油とぬか床を入れた炊き上げたもののようだが、うち...

  •  0
  •  -

お袋から

 あんた、こういう時期やしなんか送ろうと思うんやけど、自宅にいるんなら、野菜の炊いたのとかおかずを少し送ろうと思って。嬉し♪ なんか、いいこと考えてくれたな、って素直に思った。兄貴はこないだ「なんか送ろうか?」と言ってくれたけど、別に何でも足りてる。 マスクの予備が欲しい程度だがそれはどこでも同じ状況。 ばぁさんがいる実家から送れとも言えない。それを考えるとさ、在宅勤務で家飯と思って、この提案をし...

  •  0
  •  -

成長

姪っ子は、昨日家を出た。19:47、小倉駅発の新幹線で大阪へ。 その後乗り換えて奈良へと向かい、22:30に奈良のホテルに入ったそうだ。奈良と言っても広いから、今そのどこにいるのかまではわからない。今日は新しく住まうことになる家に行き、学校に行きといろいろやることがあるらしい。 彼女の母親、僕の義姉は3日の朝には奈良を出るらしく、そこまでの間の残り僅かな時間、今の家族のカタチが残る。やがて、彼女なりの経験を...

  •  0
  •  -

命日とか、色々

震災の翌日がおじさんの命日。大阪に住んでいた親父の弟で、ライバル心を持って仲良く向上していた兄弟だった。 当時、親父が日産のシーマを買うとおじさんはトヨタのセルシオを買って、という感じ。 でも仲の良かった兄弟。 僕や兄貴の兄弟のことも可愛がってくれた人。いつもはお袋に「命日だよ」と教えると、お袋がその家族に連絡を取っていたのだが。 どうも最近なんとなく折り合いが悪いようで、今回伝えてもどうも反応が...

  •  0
  •  -