FC2ブログ

三筆書き

category: 特別なこと  1/69

命日 (8回目)

2013年に亡くなって。 8回目の命日。本当は帰省する予定だったが、コロナのこともあり見送った。昨日お袋が仏壇の掃除とかをしたそうだ。親父の家の中の居場所。 いつも寝ていた、一階の部屋に置かれている仏壇。以前は親父の顔写真が見えるところに置かれていたが、最近帰省するとその顔写真もやや後ろの方に引っ込んでる。 誰の居場所だかわからなくなってる。もう8年か。70代の若さだったし、癌が見つかってからは3ヶ月く...

  •  0
  •  -

コレステリン肉芽種

火曜日、先日の検査の結果のヒアリング。かかった医者が「他の人の意見も聞く」と、一週間後にまた聞きに来た。で。【コレステリン肉芽種】だろう、という診断。…すでに名前からして嫌な予感なんだけれども、要はコレステロールの塊が頭の中にできているという状況らしい。調べてみると、中耳炎?などで見られる症状のようだ。悪性などではないらしく半年後に再度画像を撮って様子を見ましょうということになった。・・・名前がね...

  •  2
  •  -

帰省、キャンセル

親父の命日だからと帰省する予定を入れていた。その折、緊急事態宣言。悩んだけど帰省を取りやめにした。お袋に電話で伝えた。一瞬間があいたのはきっと残念だと思ってくれたからだろう。まぁ、日を改めてまた帰るよ。親父の命日はこっちで偲ぶし。。。。ゴルフ場で偲んでいるかもしれないけどね ^m^◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆   押していただけると叫びます。 ...

  •  0
  •  -

頭の中

昨日のこと。会社を休んで脳のMRAとMRIを検診した。強い不調があるわけではないが、歳も重ねているし、一度診てもらっておきたいという思いがあった。・入力作業などで同じ入力ミスを繰り返す (でも、これは指の運びの癖の問題だと思う)・最近は減ったが、めまいがある (これは耳鼻科なのかな?)・左の腕表面に軽いしびれ感 などの症状。病院に行き問診を受けると、ちょっと愛想のない医者から「しびれは首の神経ですね。 ...

  •  2
  •  -

喧嘩のしかた

抱えている不満や思いをぶつけて、喧嘩になる。でさ、その喧嘩のしかたって、どうすればいい?双方にそれなりに言い分があるとして。 この場合、それほど強いものではなく「それなり」だったとしても。想いを伝えていくことの目的って何だろう? 不満の吐露? 態度や考え方の改善? 相手の否定?自分はこうだ、お前はこうだって言い合うのもあるけど、きっとそれは平行線。言われたことに反応して、きっとやがて粗の探しあいと...

  •  0
  •  -

長電話

お袋が俺に、ヒートアップした状態で愚痴をこぼすときの口癖は「何て言ったと思う?」 …わかるわけないξ今のこと、昔のこと、長く生きている分だけ愚痴もたくさんある。 もう取り返せない過去のことも未だに熱く語る時もある。人だから仕方ない。 記憶がある生き物だから無理もない。それを聞くことで少しでも軽くできるなら、と思って聞くけど、正直、時々辟易する。 でもまぁ、俺にしか言えないこともあるだろうから、聞く。...

  •  2
  •  -

旅立ち

2年間、実際は1年半だけど、入社してから部下という位置づけだった子が、異動することになった。なんていうか、女性と気楽に会話することはそれほど得意ではない。 一対一で、普通に話すのは別だけど、会社の関係とか、年齢がこんなに離れているとか、要はどっちかが気を使っていそうな状況は居心地が悪い。最初はそんなこともありこっちも少し構えていたところはあったが、明るく、元気で、前向きで、多少抜けていて、素直で、...

  •  0
  •  -

見れない景色

前に進んだヤツにしか見えない景色がある。その場所にいても見れない景色がある。進むスピードが遅くても、怖くて手探りしかできないとしても、前に進むのか進まないのか、それを決めるのは自分だ。いつまでもそこにいるのもいい。居心地のいいそこにいることは一つの選択肢だ。安全地帯に居続けるのは、それは一つの考えだ。でもね。 俺はそこにはもういない。いつも同じ景色を見続けるのは、どうにも我慢できない。負けることも...

  •  0
  •  -

六波羅蜜寺のおみくじ 2021

郵送で送ってもらえることを知って、手配した。僕の今年の運勢。 「劫財」で「正官」。 戒めとして。◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆   押していただけると叫びます。 ...

  •  0
  •  -

追悼

10年。日本中の人がこの出来事を共有しているんだけど、一度、実家で家族と話をしたら、正直温度差があった。東京で大きな揺れを感じていた僕と遠く、九州でそれをテレビで見ていた家族。同じ温度であるはずがない。それを考えると、今更だけど、M9.0の震源の近くで体験した人たちとも、全く違う。交通がマヒして、それでも翌日には自宅に帰れた僕とその自宅を失っていまだに地元に戻れない人とは全く違う。僕は自分の経験に一...

  •  2
  •  -