fc2ブログ

三筆書き

category: 記念日  1/8

誕生日。

何人かの友達から、誕生日おめでとうって連絡をもらった。ありがとうね。54才だと思う。自分の中の変化は、最近は体かな。少し、老眼になり始めていると思う。 スマホや新聞を見るのは問題ないけれど文字を書くときに書いている文字が読みづらくなってきた。あと、身体の関節がなんていうのか、関節を意識するようになった。立ち上がる時とか動くときとかに、何も考えずに動いていた時とは少し異なり、あ、股関節痛いなとか、そう...

  •  0
  •  -

お別れが、二つ

久男さんが昨日亡くなったそうだ。7/13。癌だったようだ。友達からのメールで知った。彼は葬儀に行くそうなので、香典をお願いした。実際は直接的にはそれほど厚い親交ではないが学生時代にとてもお世話になった。葬儀にはいけないけど、心から冥福を祈ります。ありがとうございました、久男さん。夕方。後輩が来てくれて、「辞めるんです」って。7/25が最終出社、8/20で退社だそうだ。中途で入って10年。 39歳、...

  •  0
  •  -

姪っ子の誕生日

何にも贈っていないけど電話もメールもしないけど誕生日であることを祝っています。おめでとう。こんな状況のせいで今一つ楽しい大学生活になっていないと思うけど毎日を楽しく、豊かに過ごしてほしい。秋か冬にでもまた会いに行こうかな。◇◇ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  よろしければ、一押しお願いします。...

  •  0
  •  -

上の階の人

気づいたのは4月の後半。一階に集まっている郵便受けの書類がいつまでもそのまま。僕の部屋の上の階の人の郵便受け。僕よりも10才以上年が上の感じの女性。気づくと会釈をするような感じの関係。勤めているんだろうか、毎日出かけている様子の人。郵便受けはGW前にも同じままで気になっていた。GWの帰省から戻っても、まだ郵便受けは満タン。さすがに不安になって。帰りに窓を見上げると、カーテンの中途半端な締まり具合が変わら...

  •  0
  •  -

命日

山田社長の命日。2012年に亡くなって。なんか、今でも残念だなと思う。仕事でつながっているときにももちろん多くの付き合いがあったけど今のように、仕事の付き合いが終わってからの期間でもっとかわいがってもらいたかった。社長の笑顔をいつも思い出すしいつもテレビで、社長が生み出した商品が世界中で使われているシーンを見ているし。本当に、すごい人だったと思う。命日に、あらためて感謝を送ります。◇◇ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ...

  •  0
  •  -

キミと、新しい生活の誕生日

今日は甥っ子の誕生日。先月後半に、進学のために京都に引っ越している。調べると昨日が入学式だったようだがさすがにまだ誕生日を祝ってくれる友達もいないだろう。きっとさみしい誕生日だ。ちょっと前に話をして、騒音系の目覚まし時計を差し入れることにしていてそれと、小型のスピーカー型の置時計をプレゼントで送った。Bluetooth搭載で、スマホから音楽再生ができる。そんなに邪魔にもならないサイズ。で、それはまぁリクエ...

  •  0
  •  -

寂しくなるね

甥っ子が、大学進学で家を出た。京都にある大学に行くことになった。今日、兄貴の車に荷物を乗せて、兄貴と、嫁さんと、彼の三人で出発した。姪っ子は二年前から奈良に行ってる。お袋、寂しくなるね。でもまぁ、俺もたまには帰るし。元気で楽しくいこうね。◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆   押していただけると叫びます。 ...

  •  0
  •  -

おめでと

部下の子が、係長に昇進を伝えられたそうだ。一つした。以上に遅いが、昇進できたことは何より。会社の昇進は、タイミングとか人間関係とか、簡単なものじゃない。能力はあるのに、以前の上司が全く公平に部下を見ない奴でそのせいである意味不当な評価になっていた。一緒に働くようになって色々と応援し協力してようやく、ここまできたね。まぁ、この年齢だからもうこれ以上は、というところもあるかもしれないけれどこれからも、...

  •  0
  •  -

親友の誕生日

昨日が親友の誕生日。俺たち、長い付き合いになったな。みんなには「お前たちは性格が合わない」って言われてたけど多分、一番気持ちが繋がってると思わないか?月並みな言葉しか贈れないけど頑張ろうな。◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇  ポチリと。  ...

  •  2
  •  -

18歳2ヶ月

友達の女の子が飼っていた猫が亡くなったそうだ。昨日、12月21日の未明。18歳と2ヶ月だそうだ。猫のことは詳しくないけど18歳だと結構な高齢なのかな?彼女は僕とほとんど同じ年齢で知り合った時からずっとその猫と暮らしていた。同居者がいなくなって一人になって言葉のかけようもない。帰宅して迎えてくれる鳴き声もないことが寂しい。でも、時が慣れを運んでくれると思うと言っていた。ずっと覚えておけばいい、いなくなっ...

  •  0
  •  -