FC2ブログ

三筆書き

category: 日々のこと  1/271

サイズアップ

革のベルトを買い替えた。たぶん、15年くらい使ったんじゃないのかな?5つ空いている穴があってそれが昨年末から一番端っこに来てしまった。くたびれ度合いもだが、端っこで留めるのはカッコ悪い、と思った。しかしベルトのサイズアップは何となく気持ちに響く。反省。◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆   押していただけると叫びます。 ...

  •  0
  •  -

三連休、記録

年始の1週間の後の連休。9連休でなまった身体と頭で5日間働き、ここでの3連休はありがたい。連休初日。昼間は久しぶりに女性とランチ。夕方から、高円寺でライブ。 ちょっと変わった構成で、18:30から1時間のトークショウ。 それから3バンド出る。 あんまり遅くなりたくないなと思っていたら目当てのバンドはトップ。 見てから会場をすぐに出た。ご飯を食べていなかったので、西新宿で降りて一人焼肉へ。 「焼肉ライ...

  •  0
  •  -

いろいろお買い物♪

休みの後半、お買い物に出かけた。・仕事用のカバン。 ナイロンと合皮、的な実用的なものが好み。 先日福岡に出張に行ったときに、博多の街でいい感じのを見つけた。 吉田カバンの紺色。 さすがにその場は出張で荷物を増やしたくなかったので購入せず。 で、新宿で取り扱っていそうな店を回ったが、見てきたものがない。 ちょっとがっかりして他を見ていたら、なんとなくよさそうなものがあったので購入。 ¥13,000くらいで...

  •  0
  •  -

年始会

初日。 終わってから飲み会。いつもの山行仲間。 同僚の女性、彼女の部下の女性とその人のご主人。 ご主人と会うのは初めて。彼女らは同じ部署の上下関係だし、強い信頼関係があるようだし、その上司にご主人を紹介したいという気持ちはわかるが、なぜそこに俺が??というのが微妙に不思議。 でも、せっかく誘ってもらったんだから行くしかない。ちょっとだけ嫌な予感がしたが、僕は早めに一人で店に入ったらご主人がもう来て...

  •  0
  •  -

年賀状

書かないつもりだったけど、何人かの友達とはここだけで繋がってる感もあり、書くことにした。ただ、ギリギリだったのもあり、家電量販の印刷サービスで手配したら高いこと高いこと…ハガキ代込みで一枚¥200くらいかかった…えっ??!元旦の日に届いたのは10枚もない。今のゴルフ仲間。高校時代の親友。前の部署の上司と先輩、部下。同期の、早くに退職した女の子。大学時代のサークルの仲間は、こっちから切るようにしてきた。毎年...

  •  0
  •  -

初詣

近くの八幡宮へ初詣に行ったが鳥居の外にも、100人以上が行列していたので諦めた。明日、新宿の花園神社に行くつもり。◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  よろしければ、一押しお願いします。...

  •  0
  •  -

ろくなことを言わない友達。

友達から教わった。僕は、今年の運気は「大殺界」だそうだ。おまけに今月の運気も「大殺界」だそうで。ということはどん底ということかい?もしくは打ち消しあって最高ってことかい??「今年の今月は最高だよ! 宝くじ絶対当たるよ!!」って時を教えろよ・・・・・・厄払いにいこ・・・初詣でしっかり健康を祈念しておこうみなさま、よいお年をお迎えください♪◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆   押していただけると叫びます...

  •  0
  •  -

お疲れ様

27日金曜日、仕事納め。今年も、無事ではないけれども、一通り仕事が終わりました。長くて短い九連休に突入します。部署で、このタイミングで定年を迎える人がいる。雇用延長でこれからも共に働いてくれることになっているがとりあえず一区切り。 おつかれさまでした、いづみさん。◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  よろしければ、一押しお願いします。...

  •  0
  •  -

悪くないかも、と思ってみたり。

ちょっと前に匂わされた、転勤の話。悪くないかも、と思ってみたり。理由は二つ。一つは今の部屋はもう20年くらい住んでいて正直老朽化している。 トイレ、お風呂、キッチンの水回りはそれぞれ修理をした。 キッチン側の窓からは水漏れがあり、ベランダの窓ガラスも割れている。 畳の一部分が陥没している。・・・文字にしてみると、よくこんなところに住んでるな、って思うけど、立地、環境はいい。 ただ、そろそろ越したいと...

  •  0
  •  -

来たのか?

一応、記録として。今日の昼飯の時。今後の部署のやりくりを部長と話していた時。ポロっと。「おさるさん、大阪行かない?」って。独り言のような、探っただけのような、言いづらかった本音のような、そんなセリフがこぼれてきた。それに答えるともなく、答えないでもなく、大阪の現状や部署の将来の話を途切れがちに続けた。この部署に来た時に、僕は彼に伝えていた。「転勤、ってなったら多分会社辞めるよ」って。同期だから甘え...

  •  0
  •  -