FC2ブログ

三筆書き

まぁ、大体こんな感じで… のんびりと、力まずに… 僕の毎日を記しています♪  コメントいただければ、とても喜びます ^^ よろしく♪

旅日記 カンボジアとベトナムと その4

ボス ボス ボス


行った場所の概要

カンボジアとベトナムの観光について。 持っていった時計とアプリで自分が移動した場所を記録。
毎回海外で思うけど、「で、一体俺が行ったのはどの辺り?」を少しでも解消したく。 時計とスマホで異動経路を記録しながら。

手始め。 新宿から成田。 成田エクスプレスルート。
IMG_2321.jpg


まずカンボジア。行ったのは大体この辺。
IMG_2330.jpg


アンコールワット。 
左(=西)側から入場。 中央に上下ある青い部分は池。 そこに反射した建物の姿を撮るのが妙だそうで、軌跡も最初に下(=南)側の池手前をうろうろ。 この後一度西に戻り、そこにある建物(図書館)越しに朝焼け見学。 日が出てから右(=東)に進んで建物に入って見学した。3階層まで上がったのでぐるぐる歩いている。 その後にそのまま東に歩いてアンコールワットを出た。
IMG_2320.jpg

午前中の全コース。 車での移動含めて17km。 実際に歩いたのは3kmほど。
IMG_2322.jpg

一度宿に戻って朝食。 その後アンコールトムへ。
中央の四角がアンコールワット。 上部がトム。 こんなに近くにあるということを知らなかった。 全く別々のところにあるもんだと思い込んでいた。
トムとは「大きい」という意味だそうで、アンコールは「街」。 つまり「大きい街」。 その名の通りアンコールワットの倍以上の大きさ。 ちなみにアンコールワットは「お寺の街」。
IMG_2323.jpg

トムの中にバイヨンの寺院。 下のほうにある冠みたいなマークの場所。 実は少しだけ縁がある場所。
・・・実は、以前に商品の企画をした時に「売上の一部をユネスコに寄付」という商品を作った。 ユネスコの担当者から「バイヨンの遺跡修復に役立てます」と言われ、そこにある碑にも会社の名前が刻まれている証拠となる写真をいただいた。 ・・・バイヨンってどこだろう、とおもっていたらアンコールトムの中心的建物だった。 びっくり♪ こんな縁ってあるんだね。 碑を見つけることはできなかったが、そんな場所に来れたことに密かに強く感動していた。
IMG_2324.jpg

その後幾つかの遺跡を見学したが、この日の最後はタプローム遺跡。 GPSの受信精度の問題でギザギザとした軌跡だけど、ちゃんとどこに行ったのかは見えるね。
IMG_2325.jpg

カンボジア二日目は車での長距離移動。 往復で120km以上だったんだ・・・
IMG_2326.jpg

行った先はベンメリア遺跡。 樹に埋もれていく印象的な遺跡だった。
IMG_2334.jpg


で、ベトナム。 この辺り。
IMG_2331.jpg

ベトナムではメコン川下りと市内観光。 川って近いのかと思ったらそこそこ遠かった。 ホーチミン市内から南西に片道70kmくらい。
IMG_2327.jpg

メコン川ではボートに乗って、中にある小島を観光。 島の本の一部を回っただけ。 この観光、必要なかったかもしれない・・・
IMG_2328.jpg



◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

旅日記 カンボジアとベトナムと その3

さけびくんさけびくんさけびくん


食事。
ホテルでは朝食をいただくことになるが、だいたいどこもビュッフェ。 洋食を中心に中華、和食、インディアン、地元など幅広く。 だいたいこういうときは食べ過ぎる。 「せっかくついているんだし、あれもこれも食べてみたいな」と思って爆取り。 席に戻る頃には後悔しまくり。
基本的には軽くと思うが、フルーツが好きでそこで完全にオーバーしてしまう。 これからは最初にフルーツを決めて、それからメインを取ることにする。
IMG_1980.jpg
IMG_1981.jpg
IMG_1982.jpg


昼食は軽めのコースが多いが、それでも4~6品程度。 どれもまぁ美味しい。 もう少し地元飯、とも思うが「生水が危険」といわれると「屋台で食いたい」というわけにもいかず、おとなしくでてきたものを食した。
IMG_2101.jpg


夕食はおそらくは観光客用の地元店。
以前は香草の類は苦手だったが、最近はそうでもない。 一応、いける。
中華っぽいものが多かった印象で、野菜の炒め物、春巻きなど。
カンボジアでもベトナムでも、露店や市場で食べてみたかったけど、今回はかなわず。
IMG_1769.jpg
IMG_1770.jpg

食後のデザート
食後のデザートはほぼ同じ。 スイカはどこに行ってもほぼ間違いない。 パイナップルは切り方が違って結構芯まで残しているので食べづらい。 ドラゴンフルーツは味の差が結構あって、カンボジアはほぼ薄味、ベトナムは甘みがあった。
IMG_1772.jpg


喫茶
ホーチミン空港での乗り換え町の時に、中のカフェでベトナムコーヒーに挑戦。 メニューにあったライスなんとかマンゴーかんとかをオーダー。 もち米っぽいおにぎりにココナッツとマンゴーソース。 主食なんだかデザートなんだか・・・デザートなんだけどね。 味は普通に白飯にココナツチップとマンゴーソース。 食えないわけではないが、全く馴染まない。
IMG_1756.jpg
IMG_1757.jpg


◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  

 押していただけると叫びます。 

旅日記 カンボジアとベトナムと その2

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


移動について。

■■飛行機。 全てベトナム航空だった。 区間は
1)成田〜ホーチミン
2)そのまま乗り継いで ホーチミン〜シェムリアップ
3)シェムリアップ〜ホーチミン
4)ホーチミン〜成田
最初の成田の出発が、到着地側の混雑の理由で1時間半遅れた。 機内待機。 そのせいで、1時間で乗り継ぎの予定がもちろん遅れてしまい、ホーチミンを出たのは3時間遅れ。
機内な適度に快適。 食事もまぁまぁ。 通路側の席ではなかったからトイレには行かず。
□ホーチミン空港
・・・往きの乗り継ぎの時にだが、乗り換えのゲートが異常に小さくて見つかりづらい場所だと思った。 入国のカウンターがあり、そこに大量に人が並んでいる。 そのカウンターの反対側に、ちいさな間口と「Transfer」の看板が。 賑わいがあまりになく見落としそうになる。
□シェムリアップ空港
・・・我々が利用する空港設備自体は平屋。 飛行機からも建物へと搭乗ゲートがあるわけではなく、タラップを降りて敷地内を歩いて移動。 非常にこじんまりとした、でもきれいな感じで良かった。
IMG_1764.jpg

□成田空港
・・・おまけ。出入国が電子化されているのはやっぱり便利だと思う。 早い。 でも、記念にスタンプをもらおうとしてそこで時間を食うことになる。


■■車。
カンボジアでは日本車のSUV。 少し古いが快適。
ベトナムでも同じような感じ。 ツアーではこういった感じの車かバスが多い。


■■トゥクトゥク
IMG_1992.jpg
カンボジアで乗ってみた。 値段は交渉。
マーケットから最初は間違えて近隣のホテルへ。 5分くらいの乗車、US$2。
そこから本当のホテルへ。 10分くらいの乗車、US$3。
新しいもの、古いものがあり新しいのに当たると嬉しいと思うが、今回はそこそこボロ。 まぁ、それはそれで味があって良し。
バイクが引っ張る荷台に乗る訳だが、簡易的な屋根がついているだけなのでホコリっぽいし、雨季とかだと今度は雨大変だろうな、って思っちゃった。
ホテルの入り口の脇にも大量に客待ちがいた。


■■船
□メコン川下り
小さめの渡船。 20~30人定員サイズに乗ったが、もちろんもっと大きいのもある。 今回は中にある島までの移動、15分程度。 ちょっと驚いたが、乗船下船は船を桟橋に固定しない。 接岸している間に降りて乗れという感じ。 川だからそれほど波が荒れないというのもあるんだろうけど、もう少し年をとって行ったら結構怖いかも。
IMG_2155.jpg
□ジャングルクルーズ
その島の中の小さな川をさかのぼるクルーズ。 前後に漕ぎ手がつく手漕ぎの小船でドンブラコ。 ワニがいる川だと脅す割には船が小さくてちゃち。 一人でも大きくバランスを崩すと全員転覆しそうで、ワニよりスマホや洋服の水没が怖くて緊張する。
IMG_2175.jpg

■■ほか
□象
カンボジアの遺跡の付近で活躍だが、活動時間が午前中のチョイと午後のチョイに限られているらしい。 しかもそのうちなくなるそうだ。 今回、もちろん乗らず。
IMG_3295.jpg


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

旅日記 カンボジアとベトナムと その1

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


水曜から3日間休みとり、週末の2日と合わせての5連休。
今年は外部研修を受けていたために夏休みは会社義務の1日しか取らなかったので、少し遅めの夏休み。

カンボジアとベトナムに行ってきた。

正直、5日間で行けるところ、という感じでの選択。 どこでもよかったけど、「ベトナムはいいよ」という人が結構多くて、「え、そうなの? だったらベトナムでいいか」と思って。 自分の頭の奥の方でいくつかの思いが動いた。
・多分、もう少し前なら食べ物の面で選ばない。 最近はアジアンエスニック系のものも食べ慣れてきたので、そこのハードルが下がった。
・文化的というか、国的というか、やはり「戦争国」というイメージが強くて「行ってもいい場所なのか?」という思いもあった。 東南アジアは内戦含め戦争で荒れたエリアというイメージがあった。 でも、それを過去にしていかないとね。
・結局よく知らないエリア。 ベトナム、カンボジア、インドネシア、ミャンマー、タイ、シンガポール… 「だいたいあの辺」ということはわかっていても「ここ!」となっていない。 少し、自分の中でパズルのピースを埋めたい。

ということで。
行ってきた記憶と記録を。

そう言いながら今日はここまで。

◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

日本酒飲み放題

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


こないだ、仕事の後の飲み会の店を選んだ。
お客さんが来ることになっていて、その人は日本酒好き。 うちの長も、同期も日本酒好き。 僕はどうせ飲めない。
日本酒好きが多いんだから、日本酒を気兼ねなく飲める店はないものか?と探した。

もちろん、普通に飲み放題の店では日本酒も含まれているけど、それはそれ。 「ちょっといい銘柄」が入っているところ。

探すと、すぐに見つけちゃった。 会社のすぐそば。 コース料理に+¥1000で「プレミアム飲み放題」へランクアップ。 「黒龍」「紀土」「七賢」「七田」「獺祭」…よくわからないけど、彼等曰く、¥1000の飲み放題で出てくるような日本酒ではないらしい。

当日。 日本酒好きはみんなご満悦で楽しんでいた。 「この店いいね!」と言ってもらえて、なんだか僕も嬉しくなった♪ もちろん、食べ物も結構美味しかった♪



◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

淋しがる心たち

さけびくんさけびくんさけびくん




太郎の詩の世界がたまらない。


◆◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆  

 押していただけると叫びます。 

月命日

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル

次回、親父に会いに帰るのは11月を予定している。
本当は、年末年始も検討したが、なんとなく居場所もない。

親父は飯屋をやっていたから、盆や年末年始くらいしか大きな休みはなく
そういう時はだいたい家族で旅行にでることが常だった。

車に乗って、九州を中心にあちこち。
いろいろ連れて行ってもらったな。

東京に来てからは基準点が東京と九州になってちょっと一緒の旅行というのが難しくなったけど
北海道、奈良、ハルビンとかに一緒に行ったな。
もう少し元気な時ならもっといろいろ行けたね。
今なら、こっちも時間とかお金とか余裕があるんだけどな。 そういうのもうまくいかないもんだ。

今日も坊さんが来たそうだ。 親父の命日は、お袋もそこそこに忙しい。

◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

ラウンドメモ 2019/11/02 秋の会社コンペ 

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


優勝しました…

うちの会社は一時期分社化されその間に始まったコンペで、ぼくは7年前くらいにこの会社に戻ってから参加。 10回くらい。 多い時で30人近く、今回は18人。 で、優勝。

スコアもまぁ。 グロスでは3位。 ダブルペリア方式でハンデが効いちゃって、優勝。 まぁ、仕方ない。

賞金が少々。 商品はシャンペン。 有田焼陶器。 銀座和光のハンカチ。 まぁ、そこそこ豪華だ。

3人で回ったが、二人ともの飛ばすしスコアがまとまる人たち。 多少のプレッシャーもあるが気のおけない人たちでもあり、楽しく回った。 藤さん、横さん、ありがとう。
ドライバーは一応は打てる場所に落ちたし、アイアンも短いところの引っ掛けは出るが、距離があっているから大きなトラブルにはならない。 練習させてもらっているアプローチがうまくいき、大崩れしなかった。
富士国際、という御殿場のゴルフ場だったが、この辺りは富士山の影響で芝目に癖がある。 「富士山から順目」。 要は富士山に向かって打つと重たく止まりやすくなり、富士山を背に打つとどんどん転がる。 例えば、下のラインでも富士山に向かってだとボールが転がらない。 下りなのにすぐ止まる。 このギャップが難しい。 「え? 強く打ってオーバーするとどこまだ行くかわからんぞ…」と思って、わかっていても打てない。 後半頑張って補正はしたが、20/17の37パッチ。 前半の20パッチはいただけない。
ピートはまぁまぁ活躍。 まだ打ち方の加減は手探りだが、300少しの短く狭いミドルホールとかでティショットで使用したりではいい感じだった。

で、優勝。
最大の副賞は「次回の幹事」。 …はぁぁ… これが一番重い。


◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。

喪服

ボス ボス ボス


通夜のために喪服が入るかチェックした。
ダブル、剣先とんがり。 パンツはタックがたっぷりあって、ファスナーは半分しか上がらない。 …お。 これか?

一応、小さな洋ダンスの中をチャックするともう一つ喪服が。
ん? いつ買ったのかわからないけど、まだ綺麗な感じ。 クニーニング袋に入っていて、そのタグを見ると…2013年と書いている。 6年前?! これもダメか…と思って一応着てみると入った。 こっちで大丈夫そうだ。

以前のものは一応ブランド物のスーツだけど、今度捨てよう…




◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ ◆◇ 

 ポチリと。  

訃報

ブリューゲル ブリューゲル ブリューゲル


今日は会社のコンペ。
15ホールくらい終えた時に、スマホの着信に気づいた。
参加していない、部署の上司、同期から。

長さんが今日亡くなった。

「うちの部署の担当役員や総務の部長に連絡を取ろうとしてるが誰も連絡取れない」
今日、会社のコンペでみんなここにいるよ。 副社長まで。
「え、あ、そうなの?だったら伝えてくれない?」
もちろん。

長さんは、うちの部署の以前のトップだった人。
本当に、本当にストレスのかかるこの部署のトップは大変だと思うが
数年前に僕の同期に立場を譲り、昨年くらいに定年を迎え、それでも雇用延長でその経験を生かしてくれていた。

僕は今、長さんの管理者になっているので昨日も勤務表に捺印をした。
昨日はたまたま夜の勉強会があり、8時くらいまで一緒に講義を聞き、質問をし、馬鹿話もした。
普通の1日だった。

それが、あっという間に終わった。
「大動脈解離」だと聞いた。

大動脈の壁(血管壁)に血液が流れこみ、大動脈壁の内膜に亀裂が入って中膜が急激に裂けていく(解離する)病気。
大動脈からは脳や心臓、そして全身の臓器へ向かう動脈が分岐しているため、分岐した先の血流が途絶えてしまうと、血液の循環が破綻して脳梗塞や心筋梗塞、消化管虚血といった極めて危険な状態となり、突然死の原因になる可能性がある。


ご冥福を心から祈ります。
通夜の手伝いに伺います。 挨拶させてくださいね。



不謹慎なのかもしれないけれど
亡くなったと聞いた時に、「幸せだったのかな?」と思った。
うちの部署にいたことはおそらく幸せだとはいえないと思う。
でも、ご家族がいて仕事で頑張っていたんだと思う。
定年を迎えて第一線から退いて、それでもこれからも仕事をしながら
ご家族との時間やご自身の趣味などをしてくことを考えていたんだと思う。
そういった自分のしたいことをいろいろやることはできたのかな?
全部の希望が叶わないとしても
会社にいた人として、幸せで充実した時間だったことを祈りたい。

そして、あらためて、僕はたくさん働きながらたくさん遊ぼうと思った。
明日は約束はされていない。
僕の周りの人の明日も同じ。
「明日電話しよう」と思ってもそれが叶わないこともある。
「今度デートしよう」と考えるのなら、できるだけ早くにしたほうがいい。
「気持ちを伝えよう」と思うのなら、今すぐのほうがいい。



◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 

 よろしければ、一押しお願いします。